老後資金の貯蓄を考え 40代から不動産投資と積立投資を始めた「貯めパパ」のブログ。カードローン借入返済、銀行とフィンテック活用、インデックス投資ファンド、利回り3%狙いなど。

【貯め増すファンド】40代からの損 失敗しない投資方法の考察ブログ

住信SBIネット銀行

ネット銀行の基礎知識

投稿日:

窓口がある銀行との違い

急なお金の入り用や住宅や車などを購入する場合にお金を金融機関から借りることがあると思いますが、お金の借り入れる金融機関には銀行法が適用される銀行や賃金業法が適用される消費者金融や信販会社があり、それぞれに特色があります。

また、銀行で見た場合にも大手銀行や地方銀行、最近だとネット銀行など新たなタイプの銀行も増えており、昔に比べるとお金を借りようとする人にとっては借りやすい環境が整うことになりましたが、必要以上に借りてしまい返せなくなった人が増えたのも実際のところです。

住信SBIネット銀行はネット銀行に分類されますが、インターネット上で手続きをすることや管理をすることができるのが特色となっていて、窓口がある銀行と比較した場合に金利が低いメリットがありますが、これは運営の軸をネットにしているため、店舗維持や人件費などに余計なコストがかからないためです。

住信ネット銀行ではカードローンやフリーローン、他にも住宅ローンや投資信託など幅広い金融サービスを取り揃えていますが、どれくらいの金融商品があるかという点についてはネット銀行によって違うので、利用を検討している場合は自分が借りようとしている目的にあった金融サービスがある必要があります。

また、どういう形であれお金を借りることは借金をすることに違いがないので、借金をした後は必ず返済するという強い意志を持つことが大切で、借金の完済に向けて少しずつ返済を進めていくように計画を立てることが重要になります。

消費者金融との違い

お金を借りることができる金融機関と言えば消費者金融が有名ですが、昔はサラ金と呼ばれていた時代があり、この頃に借り入れをしていた場合は違法な金利での貸し付けがメインだったことから高金利なローンの支払いに追われることが多くありました。

しかし、法律が改正されたことで上限金利が引き下げられるようになってからは違法な貸し付けをするような業者の数はかなり減少傾向になりましたが、背景には銀行や信販会社など他の金融機関の勢力が伸びてきたことも理由としてあります。

特に住信ネット銀行を始めとするネット銀行が普及してからはインターネットでの借り入れが可能になったので、実店舗に足を運ぶことが難しい人でも気軽に利用することができるようになりました。

また、住信ネット銀行はローンサービスだけでなく投資信託など投資のサービスも行っているので資産運用という形で利用することもできますが、きちんと資金管理をしてから取引をしないと失敗するリスクも否めません。

銀行と消費者金融の大きな違いとして適用される法律が違う特徴がありますが、銀行については銀行法と呼ばれる法律が適用されており、一方の消費者金融については賃金業法という法律が適用されています。

そのため、ネット銀行でお金を借りる場合だと総量規制にかかることはありませんが、これが消費者金融になると総量規制にかかることになるので借入することができる上限は変わってくる場合があります。

ネット銀行の預金について

手持ちのスマホやパソコンなどで資金管理をすることができることから最近は多くの人がネット銀行を利用するようになっていますが、利便性におけるメリットの高さだけでなく金利が低いメリットや預金をした場合に利子が高くなるなどのメリットもあります。

住信SBIネット銀行においても預金のサービスは提供していますが、住信SBIネット銀行では円預金だけでなくハイブリッド預金や円定期預金などさまざまなタイプの預金サービスを行っているので、ネット銀行の中でも預金の種類は多い部類に入ります。

預金の金利は昔に比べるとどこの金融機関も下がっているので、預金をするだけで資産の運用をするのは難しい部分もありますが、投資信託をする場合に比べると損失のリスクが少ないことを考えると利用するメリットは高く元本を失うことがない点ではかなりのメリットです。

しかしながら景気が大幅に変動してしまうような場合は預金しているお金の価値が一気に無くなってしまうようになるので、金利変動における価値の低下リスクについては否めませんが、今は景気が低迷していることもあって今後は景気が回復して金利が上がる可能性も十分に考えることができます。

ネット銀行だと管理がネットになるのでセキュリティの面から不安視することも多いかと思いますが、利用や管理においてはほとんど気にする問題ではなくしっかりとしたサポート体制になっているところが大半なので心配する必要はあまりありません。

ネット銀行を利用するメリット

ネット銀行を利用することのメリットとして金利が低くてなおかつ預金をした場合の利息が高い点がありますが、これは対応するスタッフや店舗維持に対してかかるコストが実店舗がある銀行に比べると低くなっているため、コスト削減した部分を金融サービスに還元しています。

これは住信SBIネット銀行についても同様のことがいえますが、インターネット上で資金管理をすることができるので、少し時間が空いた際にスマホやパソコンから資金管理画面へアクセスすることによってどれくらいのお金が残っているかということやローンを利用している場合は残金が分かります。

これから住信SBIネット銀行の利用を検討している場合にローンを利用する場合はかなり低金利で利用することができるローンがありますが、住宅ローンやリフォームローンなど借りる金額が高額になりそうなローンについても対応しているのでまとまったお金が必要な場合でも安心です。

ただし、すべてのネット銀行でローンサービスが充実しているわけではなくカードローンに突出しているようなところもあれば、投資信託やFXと言った投資のサービスに軸を入てれているところもあり形態はさまざまです。

いずれにしても銀行を利用する場合は借りる場合においても預ける場合においても資金管理を日頃からきちんと行うことが重要なポイントで、これを怠ってしまうと借金が増えてしまうなどのリスクもあるので十分に注意するようにしましょう。

取引の管理

カードローンや住宅ローン、マイカーローンのようにローンと一言で言ってもさまざまな種類が用意されていますが、それぞれのローンに特色があるので利用については予備知識を事前に入れておく必要があり、特に金利の部分については金融機関によって大きく異なるポイントになります。

ローンを利用する場合に自分がどれくらいの金額を借りているかということや反対にどれくらいの金額を預金として預けているかというのは管理できているようで実際は把握できてないことも少なくありませんが、住信SBIネット銀行のようなインターネットタイプの銀行だと取引の管理はインターネットで行うことができます。

住信SBIネット銀行でも数多くのローンが用意されているので、人によっては住信SBIネット銀行で住宅ローンや学資ローン、フリーローンなどを併用して利用しているかもしれませんが、複数のローンがあっても一つの管理画面で把握することができるのはメリットです。

また、預金についての管理も同じですが、預金において預け入れや引き出しを頻繁に行う場合はどれくらいのお金が預金通帳に入っているか分からなくなってしまうので、それを回避するという意味でも管理がしっかりできるメリットは高いと言えるでしょう。

ネット銀行を利用するメリットにはいろいろありますが、お金を借りる場合はきちんとローンの借金管理をしないと借金地獄に陥ってしまうリスクもあるので利用に関しては十分に注意をする必要があります。

さまざまなサービス

住信SBIネット銀行ではさまざまなローンや信託、預金のサービスを提供していますが、全てのネット銀行においてサービスが多く提供されているわけではなく、それぞれの銀行によって対応している金融サービスには違いがあるので気をつける必要があります。

住信SBIネット銀行はローンにおいて金利が低いメリットがあると言われていますが、これはリフォームローンやマイカーローンのように目的ローンだけに限ったことではなく、カードローンやフリーローンなど非目的ローンの金利も相対的に低くなっています。

お金を借りる目的は人によってさまざまだと思いますが、どのような場合においても借りる以上はきちんと目的を明確化させることが重要なポイントであり、借りる目的を見失ってしまうと失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

他にもお金を預け入れるための預金サービスや余剰資金がある場合は投資信託なども可能になりますが、資産運用はこれから先の課題でも手元にある資金をどれくらい増やすことができるかは課題でもあります。

今は金利が低いこともあってお金を借りる場合に昔より金利の負担が少ない一方で、お金を預金として預け入れる場合に発生する利息についても少ない状態になっています。

しかし、将来的に金利が変動する可能性は大いにあるので、金利がプラスに動くことによって預金に対する利息が付加される可能性も捨てきれず、将来的は預金でかなりの利息を得られる日がくるかもしれません。

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

-住信SBIネット銀行

Copyright© 【貯め増すファンド】40代からの損 失敗しない投資方法の考察ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.