老後資金の貯蓄を考え 40代から不動産投資と積立投資を始めた「貯めパパ」のブログ。カードローン借入返済、銀行とフィンテック活用、インデックス投資ファンド、利回り3%狙いなど。

【貯め増すファンド】40代からの損 失敗しない投資方法の考察ブログ

地方銀行のカードローン

スルガ銀行カードローンの金利と審査基準/収入証明書 - by借りパパ

更新日:

スルガ銀行カードローンリザーブドプランカード徹底解説

リザーブドプラン商品概要

スルガ銀行は静岡の地方銀行ですが、インターネットバンキングは全国展開しており、地方銀行としては独自の商品展開やサービスを行っている銀行です。
スルガ銀行のカードローンであるリザーブドプランはどのような商品でしょうか?

融資金額500万円まで収入証明書不要

リザーブドプランには大きな特徴が3つあります。そのうちの1点がこちらの500万円以内の限度額では収入証明書が不要であるという点です。
三菱東京UFJ銀行カードローンが100万円、みずほ銀行カードローンが300万円、三井住友銀行とネット銀行と地方銀行のカードローンでは300万円までが収入証明書の提出が不要となっています。
これに比較するとスルガ銀行のカードローンで500万円まで収入証明書不要というのは大きなメリットであるといえます。
通常、いきなり500万円を超える金額のカードローンに申し込む人はそれほどいませんので、ほとんどの人が運転免許証などの本人確認書類だけで申込を行うことができます。

融資限度額800万円まで

リザーブドプランの融資限度額は800万円までとなっています。
三菱東京UFJ銀行カードローンが500万円、みずほ銀行カードローンが1,000万円、三井住友銀行カードローンが800万円となっていますので、リザーブドプランの限度額800万円は平均的な限度額であるといえるでしょう。

金利3.9~14.9%

リザーブドプランの金利は3.9~14.9%となっています。
同じく限度額800万円の三井住友銀行カードローンの金利が4.0~14.5%となっていますので、メガバンクと比べても平均的な金利であるといえます。
なお、後述しますが、リザーブドプランにはTポイントの付与がありますので、実質的な金利はポイントを考えるともう少し低くなります。

仮審査時間は最短1分

リザーブドプランの大きな特徴のもう1点が仮審査の時間が最短で1分となっています。
メガバンクやネット銀行のカードローンでは仮審査はコンピューターで自動審査をおこなっていますので、実際には他の銀行でも1分程度で行われます。
リザーブドプランの特徴はこの仮審査の結果をすぐに教えてくれるという点にあります。
急いでお金が必要なときは仮に審査結果がダメだとしても早く結果が知りたいものです。
このようなときに仮審査結果を最短1分で表示してくれるスルガ銀行カードローンは強い味方です。

団体信用生命保険付き

こちらもリザーブドプランの大きな特徴の1つです。
リザーブドプランには団体信用生命がついていますので、借主にもしものことがあった時には融資残高の全額を保険金から返済を行ってくれます。
また、この保険にはガン特約がついていますので、ガンと診断された際には返済金が保険から賄われ、治療に専念することができます。
この保険料は銀行負担ですので、この点は他のカードローンよりも圧倒的に大きなメリットであると言えます。
団信の加入には審査があるため、審査の結果、保険受け入れを拒否された場合には団信なしでの通常のカードローンとなります。

専業主婦契約OK

リザーブドプランは本人に収入のない専業主婦も加入することができます。
銀行系カードローンで専業主婦OKのカードローンは少なくありませんが、リザーブドプランも専業主婦でも申込対象となっています。

口座がなくても即日融資可能

リザーブドプランはスルガ銀行のカードローンの口座がなくても契約可能ですし、スルガ銀行の口座がなくても即日融資可能です。
ネット銀行や地方銀行のカードローンの多くが口座作成必須で、即日融資は口座保有者のみとなっていますが、スルガ銀行のカードローンは口座がなくても他行口座への振込によって即日融資に対応してくれます。
なお、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のカードローンでは口座がなくてもカードローンの契約ができますが、即日融資を受ける場合には即日カード発行を受けなければなりません。
スルガ銀行カードローンはカードの受け取りは自動契約機がないため、郵送のみとなります。
しかし、リザーブドプランはカード到着前であっても振込融資で即日融資に対応してくれますので、この点はメガバンクのカードローンよりも即日融資に優れていると言えるかもしれません。

平日8時30分~19時までの申し込みで即日回答

こちらもリザーブドプランの大きな強みです。スルガ銀行は平日の8時から19時までの申し込みであれば原則的に即日で審査の回答を行ってくれます。
地方銀行やネット銀行の中には平日の17時程度までしか審査を行っていない銀行もありますので、即日回答の対応時間が長いとう点も大きなメリットです。

書類での契約手続き不要

リザーブドプランの契約は基本的にWEB完結です。
インターネットで申込を行い、メールか電話で回答をもらい、必要書類をネットから提出して、契約内容確認後→振込で即日融資→郵送でカード到着という流れになります。
極端な話、出先の電車の中でも簡単に契約手続きまで進むことができます。
契約手続きのために書類に記入を行わなければならないという手間が一切ありませんので、とても簡単に契約を行うことができてしまいます。

Tリザーブとは

スルガ銀行は地方銀行ですが、ネット銀行は全国展開しています。
店舗型銀行としては地方銀行ですが、ネット銀行として全国から顧客から顧客の取り込みを図っているというのが、スルガ銀行の特徴です。
スルガ銀行は、ネット銀行として独自の商品を展開しているという銀行でも有名です。
Tポイント支店というネット上の支店を設けて、VISAデビットTカードの発行や、Tポイントつき給与振込などを行っています。
Tリザーブカードはその取り組みの一環として、リザーブドプランとTポイントを連動させたカードローンとなっています。

リザーブドプランとTポイントカードが連動

Tリザーブのカードローン自体の商品内容は金利も限度額も審査時間もリザーブドプランと全く変わりありません。
唯一違うのは、Tポイントカードとローンカードを一体化させることができることと、返済に応じてTポイントがたまるという点です。

一体型カードとTポイントカードとローンカードを分けることも可能

Tリザーブは手持ちのTポイントカードにたまったポイントをローンカードとTポイントカードに一体化したカードに移行して、一体型カードに切り替えることができます。
お財布が軽くなるというメリットがありますが、中には、ポイントカードとローンカードを一緒にはしたくないという人もいます。
そのような人にはTポイントと連動させながらも、一体化せずにローンカードだけを別に発行するということもできます。

毎月の返済でTポイントがたまる

Tリザーブ最大の特徴は毎月の返済でTポイントがたまるという点にあります。
毎月の約定返済100円ごとに1ポイントがたまります。つまり1%のポイント還元といえますので、単純に計算はできませんが、実質的な金利は3.9%~14.9%よりも低くなると言えるでしょう。

たまったTポイントで臨時返済が可能

Tリザーブではたまったポイントで臨時返済を行うことが可能です。
毎月の返済や日々のお買い物でたまったポイントで返済ができるのは大きなメリットです。
Tリザーブでは返済時にしかポイントはたまりませんが、Tリザーブから借りたお金でポイントがたまるお買い物をすれば借入時にも返済時にもポイントがたまり、借入時にも実質的にポイントをためることができます。
さらに、そのポイントで返済をすることができるというメリットがあります。
なお、ポイントで返済できるのは臨時返済のみで、毎月の約定返済にはポイントを使用することはできません。

即日融資は一体型カードのみ

Tリザーブで即日融資を受けることができるのは、カードタイプをローンカードとポイントカードの一体型にした場合のみです。
Tリザーブは一体型カードを選択した場合のみ、即日で指定口座へ振り込み融資を行ってくれます。
ローンカードとポイントカードを分けた場合には最短翌日融資となってしまうため注意しましょう。
この点だけがTリザーブとリザーブドプランの商品性の違いであるともいえます。

リザーブドプランの審査ポイント

様々な銀行が持つカードローンのメリットをすべてあわせもっているカードローンともいえるリザーブドプランですが、審査の特徴はどのような点にあるのでしょうか?

圧倒的に信用情報メインの審査

リザーブドプランは500万円以内は収入証明書の提出が不要となっています。
銀行は審査の際に証拠書類がない情報は審査材料として重視しません。ということは、リザーブドプランの審査では500万円以内の借入について年収は重視されないということです。
審査の大部分を占めるのは個人信用情報です。
個人信用情報に事故情報がないか、他社の借入がどのくらいか、返済状況はどうなっているか、などの審査を行います。
事故情報が出てきた場合には即刻審査否決ですし、他社の借入額が申告した年収よりも多かった場合や、借入件数が3本以上ある多重債務者であるような場合も審査に通過できないこともあります。また、消費者金融からの2本以上の借入も審査にはマイナスになります。
他社借入やクレジットカードの返済状況に遅れが連続しているような場合にも審査には通貨できない場合もあります。

在籍確認が行われる

個人信用情報をメインとしたスコアリング審査が終了すると、仮審査通過になります。
本審査では在籍確認が行われます。
在籍確認は審査担当者が申込者の申告した勤務先に電話をかけて勤務の実態を確認するという審査です。
在籍確認はスルガ銀行担当者が個人名で勤務先に電話を掛けるため、勤務先の人に「お金を借りる」という懸念を持たれる心配はないため安心です。

借入額500万円超は収入を重視される

リザーブドプランは借入額500万円超から収入確認が必要になります。銀行審査では証明書類が必要な情報が審査の際に重視されるため、リザーブドプランは500万円超の借入から収入が審査材料として重視されるということです。
銀行カードローン審査では年収を超える貸付は行わないのが基本ですので、500万円超の借入は年収500万円以上ないと審査通過は厳しいでしょう。

カードローンで借りた体験談いろいろ

<% module(金利の安い順に並べた銀行カードローン) %>

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

-地方銀行のカードローン

Copyright© 【貯め増すファンド】40代からの損 失敗しない投資方法の考察ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.