老後資金の貯蓄を考え 40代から不動産投資と積立投資を始めた「貯めパパ」のブログ。カードローン借入返済、銀行とフィンテック活用、インデックス投資ファンド、利回り3%狙いなど。

【貯め増すバンク】お金を貯める方法&増やし方!ローン借金から投資まで

カードローン返済方法やリボ払い

元金 元利 定率 定額 残高スライド

投稿日:

クレジットカードの支払方法のひとつである「リボ払い」。
リボ払いは、毎月の支払額を一定額に押さえることができるサービスで、残高に応じた手数料がかかります。

同じリボ払いでも利用するクレジットカードによって支払方式が違うのを知っていますか?

リボ払いの申し込み要件が載っている商品概要説明書を読んでみると、「残高スライド元金定額リボルビング方式」や「元利定率リボルビング方式」など様々な支払方式があることが分かります。

聞きなれない言葉が並んでいてちょっと難しく感じますよね。
下記の3つの項目に分けて考えるとわかりやすくなるので、一緒に確認してみましょう。

・元金or元利
・定率or定額
・残高スライド

元利と元金の違い

元利と元金は、設定されている月々の支払額にリボ払い手数料が含まれているか・別途上乗せかの違いです。

仮に30万円の買い物をして月1万円のリボ払い(手数料15%)を利用した時の、実際の支払額の違いを比べて見ましょう。

元利方式‥支払額の1万円の中にリボ払い手数料も含まれています。1万円からまず手数料分(3750円)を引き、その残り(6250円)を元金の返済に充てます。

実際の支払額 元金返済分6250円+手数料3750円=1万円

元金方式‥支払額の1万円はすべて元金の返済に充てられ、リボ払い手数料は別途かかります。

実際の支払額 元金返済分1万円+手数料3750円=1万3750円

残高が同じなので手数料は元利でも元金でも同じです。
(リボ払いの手数料は残高全体に対してかかるので、返済が進んで借入残高に差が出てくれば手数料額に違いが出てきます。)

元利の場合は、毎月の支払額が1万円で固定されていて支払いの予定を立てやすいですね。
元金の場合は、毎月1万円が確実に元金の返済に充てられるので、元利より返済が早く終わり手数料が少なく済みます。月々の負担額は元利より多くなる計算です。

元利か元金かは、利用するクレジットカードによってはじめから決まっている場合がほとんどです。基本的に利用者が選べるものではありません。

どちらの方式かによって月々の実際の支払額が変わりますので、自分が利用しているカードの方式は確認しておくといいですね。

定額と定率の違い

定額方式は、毎月の最低返済額(ミニマムペイメント)が1万円・5000円というように固定されている方式です。(元金の場合はこの固定額に加えて手数料が上乗せされます。)

<例>固定額が1万円の場合の毎月の支払額
元金定額方式‥1万円+手数料
元利定額方式‥1万(手数料込み)

定額方式の場合は毎月の支払額がほぼ固定されるので、支出の管理がしやすいのが特徴です。

定率方式は、借入残高に対してカード会社が定めた5%や3%などの定率を掛けて毎月の最低返済額が決められる方式です。

<例>定率が5%の場合の毎月の支払額
元金定率方式‥借入残高×5%+手数料
元利定率方式‥借入残高×5%

定率方式の場合、残高が少なくなってからも「残高に定率を掛けた額」の支払いを続けていると永遠に完済できません。
そのため毎月の支払額を計算して端数が出た時や、最低返済額が1000円以下になった時は一律で1000円に切り上げるなどの仕組みが導入されています。

現在は利用者にわかりやすい「定額方式」が主流です。

残高スライド

残高スライドとは、借入残高に応じて段階的に最低返済額や支払定率を上下させる方式です。元利なのか元金なのか・定額なのか定率なのかによってスライドの仕方が違うので、例を挙げて確認してみましょう。

<例>残高スライド元利定額方式の場合‥
借入残高が
10万円以下なら毎月5000円
30万円以下なら毎月1万円
50万円以上なら毎月1万5000円
100万円以上なら毎月2万円

というように月々の最低返済金額が借入残高に応じて自動的にスライドしていきます。(元利なのでそれぞれの支払額に手数料が含まれます。)
借入残高が規定の額に達すると最低返済金額が上がり、返済が進んで残高が規定以下になると下がる仕組みです。

残高スライド元金定額方式の場合は、残高スライドによって決められた最低返済金額に手数料を上乗せした額が実際の支払額です。

<例>残高スライド元利定率方式の場合‥
借入残高が
10万円以下なら7%
50万円以上なら5%
100万円以上なら3%

というように借入残高に応じて段階的に定率が変化します。

ここで疑問に思うのは、なぜ借入残高が増えるほど最低支払額を決める定率が下がっていくのかという点ですよね。この答えは、毎月の支払額を実際に計算してみるとわかります。

借入残高が10万円の時が7%=7000円
50万円の時は5%=2万5000円
100万円の時は3%=3万円

残高が増えるほど定率は減っていますが、毎月の支払額自体は定額方式と同じように段階的に上がるように調整されています。(元利はそれぞれの最低返済額に手数料が含まれます。)

残高スライド元金定率方式の場合は、残高スライドによって決められた定率を掛けた最低返済金額に手数料を上乗せして支払います。

残高スライドをせず最低返済額をずっと同じ額に固定したほうが、利用者にとってはわかりやすいですよね。

しかしどんなに買い物をしても支払額が一定だと金銭感覚が麻痺して、「気づかないうちに借入残高が膨れ上がり返済しきれないような金額になりやすい」というリスクが潜んでいます。
このようなリスクを考えると、借入残高によって支払額が上下する方式は利用者にためにもなると考えられます。

逆に借入残高が少なくなってくると自動的に毎月の支払額が低くなってしまうので、返済が長期化してしまうという見方も出来ます。余裕がある月に繰り上げ返済をしたり毎月の支払額を増額したりして早めに完済できるようにしたいですね。

現在リボ払いの支払方式で最も多く採用されているのは「残高スライド元利定額方式」です。

言葉の意味を1つずつ確認していくと‥
最低返済額は1万円・2万円などの固定額。
固定額の中には元金返済分と手数料が含まれていて、
借入残高によって段階的に最低返済額がスライドする方式。

ということになります。

利用者にとって、一番わかりやすく支払いの管理がしやすい方式と言えます。

しかし元利方式は、支払額の中から元金返済に充てられる額が少なく、借入残高が減ったら残高スライドによって毎月の最低返済額が低くなるため、返済が長期化しやすいというデメリットもあります。

最後に

今回3つの項目に分けてリボ払いの支払方式について確認してきました。

支払方式の違いによって、返済期間や手数料の総額に多少の差が出るのは事実です。
しかし、リボ払いを利用する側が支払方式を自由に選べるクレジットカードは現状ほとんどありません。

リボ払いの返済をお得に終えるためには、支払い方式を気にするよりも繰り上げ返済をしたり毎月の支払額をできるだけ多く設定したりするのが一番効果的です。

自分が使うリボ払いの支払方式を知っておくのは大切ですが、それよりもお金に余裕が出来たら毎月の返済額をできるだけ増やして早めの完済を目指しましょう。

-カードローン返済方法やリボ払い

Copyright© 【貯め増すバンク】お金を貯める方法&増やし方!ローン借金から投資まで , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.