高知県の銀行カードローン1番安い金利は?フリーローン融資貸付は? オ※

高知県の地銀カードローンの金利比較と公式ホームページ

四国銀行
本店:〒780-0833 高知市南はりまや町1-1-1

カードローン名:フリーカードローン
金利:8.3%~13.3%
ホームページ:http://www.shikokubank.co.jp/shohin/kariru/general/freecardloan.php

高知銀行
本店:〒780-0834 高知市堺町2-24

カードローン名:こうぎんカードローン・サポート
金利:4.8%~14.5%
ホームページ:http://www.kochi-bank.co.jp/loan/netloan_04.html

カードローン名:こうぎんカードローン
金利:11.000%~11.000%
ホームページ:http://www.kochi-bank.co.jp/loan/netloan_02.html

カードローン名:こうぎんセレクトローン ZEYO【セレクトカードローン】
金利: 4.5%~14.5%
ホームページ:http://www.kochi-bank.co.jp/loan/app_selectloan_zeyo.html

高知県にある地銀より金利の安い銀行カードローンは探しましたか?
<% module(もっと金利の安い銀行カードローンならネットバンクとメガバンク) %>

高知県にある地方銀行カードローンの審査概要

高知県には、地方銀行として四国銀行があり、第二地方銀行として高知銀行があります。四国銀行のカードローンには、「フリーカードローン」と「カードローン・プラスミニ」という2種類があります。「フリーカードローン」は、使い道自由で繰り返し利用できるのが特長です。四国銀行のキャッシュカードをそのまま利用でき、インターネットや電話、FAXで申し込めば即日回答をしてもらうことができます。もちろん郵送でも申し込みはできます。

主婦やパート、アルバイトの人でも利用ができ、限度額は最大で300万円までとなっています。金利は8.5、10.5、13.5パーセントの3段階固定制です。「カードローン・プラスミニ」は、小口の融資を受けたいときに便利です。利用限度額は最大で100万円までの6コースが用意されています。金利は14.6パーセントとなっています。担保や保証人は必要なく、申し込みのときには本人確認書類と普通預金の届け印を用意しておけばいいだけです。

いっぽう高知銀行には、4つのカードローンがあります。「こうぎんカードローン・サポート」は、利用限度額が最大で500万円までとなっています。使い道は自由で、インターネットや電話、FAXでも申し込みができます。金利は4.8、11.8、14.5パーセントの3段階制です。「こうぎんカードローン」は、利用限度額が最大で200万円までとなっています。最初に手続きをすれば、あとは限度額の範囲内で何回でも利用できるのが特長です。同行との取引状況によって金利の割引サービスがあります。

「こうぎんセレクトローンZEYO」は、利用限度額が最大で1000万円まであります。ただし、パートやアルバイト、主婦の人などは100万円までの借り入れとなります。金利は4.5パーセントから14.5パーセントとなっています。「こうぎん育成カードローン〈ビビッド・mama〉」は、育児期間中に必要な資金を融資してもらうことができます。利用限度額は最大で50万円までとなっており、金利は7.8パーセントです。満20歳から57歳までの女性が対象です。

<% module(金利の安い順に並べた銀行カードローン) %>

銀行カードローン短編 (高知県の銀行という訳ではないですが)

留学の代金・費用のために銀行のカードローンで40万円借りました

自分の人生にふと疑問を感じてしまいました。このままのらりくらりとやりがいのない仕事をして満足感の少ない毎日を定年まで過ごすのかと。
そこで考えたのが留学でした。
留学をして語学力を付けて新しい仕事にチャレンジしてみたいと思ったのです。
親に留学のことを相談すると賛成してくれましたが代金・費用は自分で支払うようにと言われました。
もちろんその通りです。私はもう学生ではありませんし自分で工面しなければいけません。
でも残念なことに貯金だけでは費用が足りなかったのです。そこで貯金をためてから留学することも考えたのですが、モチベーションがアップしている今でないとできないような気がしたので思い切って銀行のカードローンで40万円借りることにしました。
親に借金の相談をすると銀行のカードローンが一番安心だということで決めたのですが、他のノンバンク系のカードと比べても確かに利息が安かったのです。
銀行なので保証人が必要なのではと思いましたが銀行のカードローンは保証人は不要で安心しました。
保証人になるだけとはいえ誰にも迷惑をかけたくなかったからです。
カードローンの契約をした後40万円借り、費用を振込み留学となりました。
留学では語学以外にも色々な価値観を体感し、非常に自分の人生にとっていいものだったのです。
帰国してから語学を生かせる仕事をするために転職をし、今では給料もアップし、順調に留学代金・費用を返済しています。
40万円借りる決断をしたのは良かったと思います。もしもぐずぐずしていればもう留学はしていなかったかもしれません。
給料もかなりアップしたので留学も代金・費用の分は元が取れたと思います。お金をためてから自分の夢を遂行するのもいいかもしれませんが、今しかできない事なら多少借金をしてもするべきです。
まだ借金は残っていますがかなり少なくなりました。
あともう一息ですので油断せずにしっかりと返済していきたいと思います。

オリックス銀行カードローンの保証会社

オリックス銀行カードローンの申し込み条件には、ほかに満20歳以上60歳以下という年齢制限や前年度の給与収入が200万円以上といった所得制限などがありますが、同時に保証会社の保証を受けられるということも条件に入れられているのです。その代わり、保証人や担保を用意する必要はありません。
その保証会社となっているのが、オリックスグループ傘下のオリックス・クレジット株式会社です。
オリックス・クレジット株式会社は、オリックスグループの信販会社として個人へ向けた金融サービスを提供していますが、同時に、信用保証事業も展開しているのです。
個人向け金融サービス事業の中心はローン事業であり、無担保・無保証ローンの個人への提供ということになります。
オリックス・クレジット株式会社のローン事業の主な商品としては、オリックスVIPローンカードがあり、今では多くの利用者を抱えるヒット商品となっています。
そのほか、カードレスVIPやORIX CLUB CARDといった商品も提供してます。カードレスVIPは、文字どおりカードをなくしてインターネットでの利用を推し進めた商品、ORIX CLUB CARDは、個人事業者向けに開発した商品です。
信用事業は、こうしたローン事業を展開する過程で得たさまざまなノウハウを、事業ベースとしています。その主な業務は、金融機関が提供している無担保ローンについて、その債権を保証するといったものです。
改正貸金業法の施行によって、金融業界は大きな転換を強いられましたが、業界を取り巻く環境も大きく変化するなかで、オリックス・クレジット株式会社でも、信用保証事業は次の成長分野と見て、強化を図っているのです。

更新日:

Copyright© 【不動産活用の部屋】不動産活用の部屋!高値売却や不動産担保ローンから土地活用 空き家活用まで , 2018 All Rights Reserved.