老後資金の貯蓄を考え 40代から不動産投資と積立投資を始めた「貯めパパ」のブログ。カードローン借入返済、銀行とフィンテック活用、インデックス投資ファンド、利回り3%狙いなど。

40代からの失敗しない不動産投資と積立投資【貯め増すファンド】

メガバンク&ネット銀行カードローン

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利と限度額と審査基準

更新日:

ネット銀行大手のジャパンネット銀行で他社のカードローンに該当する商品がネットキャッシングという商品です。
ネットキャッシングという名称ですが、ATMからの借入れを行うことができ、他の銀行のカードローンと同じように使用することが出来ます。
ジャパンネット銀行のネットキャッシングはどのような商品でしょうか?

ジャパンネット銀行カードローンの特徴

ジャパンネット銀行のカードローンであるネットキャッシングは以下のとうな特徴を持っています。
ATMからローンカードを使用してキャッシングを行う方法が主な借入方法である一般的な銀行系系カードローンと比較して、ジャパンネット銀行のカードローンはネットからのキャッシングをメインとしており、他のカードローンとは異なる特徴があります。

無利息特約あり

ジャパンネット銀行ネットキャッシングには銀行系カードローンとしては珍しく無利息特約がついています。
初めてジャパンネット銀行を契約する人に限って、最初の借入れから30日間は無利息でキャッシングを利用することができます。
消費者金融の多くと新生銀行レイクが契約日の翌日から無利息期間が適用されることに比べると、ジャパンネット銀行の無利息期間は初めての借入れから30日間無利息です。
このため「当面使う予定はないけど、いざという時のために作っておくか」という人でも最初の借入れから30日間は無利息が適用されるというメリットがあります。

ジャパンネット銀行に口座保有が必須

多くのネット銀行がそうであるように、ジャパンネット銀行のネットキャッシングもジャパンネット銀行の口座を作成してからでないとキャッシングの利用を行うことができません。
ジャパンネット銀行のネットキャッシングはそもそも、振込融資はジャパンネット銀行の口座のみへの振込、カードでのキャッシングは普通預金口座のキャッシュカードからのキャッシングという商品設計になっています。
いずれにせよ普通預金の口座を保有していない人はネットキャッシングに契約することができません。
口座を保有していない人は銀行口座を作成してからのローン契約となるため、融資までに1週間以上の時間がかかってしまうことも珍しくないようです。

ネットキャッシングで最短30秒振込

ジャパンネット銀行のネットキャッシングはインターネット上のキャッシングの操作が驚くほど簡素で簡単です。
①マイページへログイン
②借入額入力
③確認画面で「確定」を押下
この3ステップでジャパンネット銀行の普通預金口座へ融資金が振り込まれます。
時間に関係なく、最短30秒で即時入金されますので、深夜急にお金が必要になった時、口座に何かの料金の引き落としがかかって口座の残金が足りない時などに簡単に必要額を借り入れることが可能です。

キャッシュカードでローンの借入が可能

ジャパンネット銀行のネットキャッシングにはローン専用のカードが存在しません。
口座作成が必須ですので手持ちのキャッシュカードにローン機能が加わります。
また、ジャパンネット銀行のキャッシュカードはデビットカードの機能を加えることが可能ですので、普通預金のキャッシュカード、ローンカード、デビットカードの3枚を1つのカードにまとめ、お財布の中を簡素化することができるというメリットがあります。

口座がある人はWEB完結で融資まで最短60分

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの契約はWEB上から行います。
口座がある人であれば申込から融資まで最短60分で、契約後即座に普通預金に融資金が振り込まれます。
ジャパンネット銀行のネットキャッシングは300万円を超える借入れを行う場合から収入確認が必要になります。
さらにローン申込の際に必ず必要になる本人確認書類は口座作成時にすでに提出済みであるため、申込から契約まで300万円以内の借入れであれば書類の提出は全く必要ありません。
審査結果はメールで連絡が入り、その後ジャパンネット銀行内での手続きが完了すればインターネットやATMからキャッシングが可能になります。
ここまで最短60分で審査完了するため、すでにジャパンネット銀行に口座を持っている人で突然お金が必要になった人は特段書類の用意をしなくても契約手続きを行うことができるためおすすめです。
なお、即日に審査の回答がある時間帯は以下の通りです。
月曜~金曜日の14時まで:当日中10時~17時
月曜~金曜日の14時以降、土曜日・日曜日・祝日:翌日10時以降(翌日が土曜日・日曜日・祝日の場合を除く)
平日の14時までに申込を行えば、即日で融資を受けることが期待できます。

 

ジャパンネット銀行で即日融資を受けるには

ジャパンネット銀行で即日優融資を受けるにはどのような方法があるのでしょうか?

口座を持っていないと即日融資は不可能

ジャパンネット銀行はジャパンネット銀行の口座保有がローン契約の絶対条件です。
そのため、銀行口座を持っていない人は即日融資は不可能です。
ネット銀行の口座作成には1週間程度の時間がかかってしまうためです。
このため、まだジャパンネット銀行の口座を保有していない人が急ぎの入用でジャパンネット銀行のネットキャッシングを選択するのは賢明とは言えません。

口座を持っている人は14時までに申込

口座を持っている人は平日14時までに申込を行えば当日17時までに基本的には回答があります。
「15時過ぎたら即日融資に間に合わない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、ジャパンネット銀行のネットキャッシングはジャパンネット銀行の口座へ融資金を振り込むものです。
そのため、17時の回答であっても即日でジャパンネット銀行の口座へお金が振り込まれます。
さらに手持ちのキャッシュカードのローン機能が加わりますので、コンビニATMから即日でキャッシングを行うことも可能です。
いずれの方法でもジャパンネット銀行の口座を事前に保有していることが即日融資の絶対条件となります。

 

ジャパンネット銀行の審査基準

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査基準は以下のようになっています。

金利は比較的高め

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利設定は金額ごとに以下のように分かれています。
1,000万円:2.5%
900万円以上1,000万円未満:3.0%
800万円以上900万円未満:3.5%
700万円以上800万円未満:4.0%
600万円以上700万円未満:5.0%
500万円以上600万円未満:5.5%
400万円以上500万円未満:6.0%
300万円以上400万円未満:6.5%
250万円以上300万円未満:8.0%
200万円以上250万円未満:10.0%
150万円以上200万円未満:12.0%
100万円以上150万円未満:15.0%
100万円未満:18.0%
金利が比較的低いと言われている銀行系カードローンにおいてジャパンネット銀行の金利は高いと言わざるを得ません。
100万円未満、100万円以上150万円未満の金利に至っては法定金利ギリギリの金利です。
このため、ジャパンネット銀行の審査は消費者金融とそれほど変わらないような基準で設定されていると言えるでしょう。
300万円未満、特に100万円未満の少額借入は個人信用情報重視で、それほど他の属性は審査に影響しないようです。
また、ジャパンネット銀行は専業主婦への貸付を行っています。
専業主婦には勤務先も年収も勤続年数も存在しませんので、個人信用情報へ多くウェイトを置いた審査となるようです。

300万円超の借入れから、低金利商品へ

上記の金利を見ると、ジャパンネット銀行のカードローンは300万円を超える借入れになると急激に金利が低くなります。
年収の確認が必要となる金額が300万円超の借入れからですので、300万円を超える借入れは年収もしっかりと審査材料として考慮に入れて審査を行うということです。

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

-メガバンク&ネット銀行カードローン

Copyright© 40代からの失敗しない不動産投資と積立投資【貯め増すファンド】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.