老後資金の貯蓄を考え 40代から不動産投資と積立投資を始めた「貯めパパ」のブログ。カードローン借入返済、銀行とフィンテック活用、インデックス投資ファンド、利回り3%狙いなど。

40代からの失敗しない不動産投資と積立投資【貯め増すファンド】

銀行借入個人向けローン融資の審査や金利

銀行からお金を借りるポイント。融資と保証人と担保

投稿日:

金融機関のチェックポイント

金融機関は融資をする際には、必ず審査をします。当然融資したお金を返済してもらわなければ、困ってしまいますから、当然のことです。金融機関がチェックするポイントは、収入や勤務先、勤続年数や家族構成、そして他のローンの有無などです。

カードローンなども利用することもできますが、カードローンを安易に利用することは得策ではありません。金利は高いですし、万が一返済遅延を起こしてしまいますと、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどを利用することができなくなってしまいます。

信用情報機関といい、金融関連での借入れや返済状況などをしっかり把握されていますので、少しでも金融事故がありますと、融資を受けることはできないのです。そのくらい返済は大切なことです。

また、金融機関を利用する側のチェックポイントしては、なんと言っても金利の条件と返済条件だと思います。ただし、表上の金利や返済条件がよくとも、ヤミ金という違法な業者も存在します。ですから、まずは有名な銀行などを利用することが必要です。

銀行業務をしている業者は、信用できると思いますので、そんなに心配する必要はないと思います。気をつけなければならないのは、表面上はとても金利が安いのですが、ふたを開けてみると、とんでもない金利を課せられるヤミ金などの存在があるということです。お金を借りる前には、インターネットで各銀行の金利や返済条件などが明記されていますので、しっかり検討して借入れるようにしてください。

 

融資を受けるコツ

銀行からお金を融資してもらうのは、簡単なことではありません。住宅ローンやマイカーローン、そして教育ローンなどお金が足りない時には利用したいのですが、審査がありますので、それをクリアしなければならないのです。

銀行の審査は、容易ではなく、徹底的にご自身の状態を調べられます。支払遅延などの事故がないか否かを調べられることはもちろん、現在の勤務先の規模などにより、審査の基準は異なるのです。また、雇用形態が正社員か、契約社員かによってもかなり条件は変わります。

大切な要素として、勤続年数があります。長い間、同じ会社に勤めていれば、安定した収入があると見なされますが、何度も転職をしているような人は、審査に通らないこともあります。転職の原因が、キャリアアップのための転職ならば、問題ないのですが、人間関係の悪化により会社を転々としているような場合には、マイナスの評価になってしまうのです。

そして、急にお金が必要になった際には、即日融資をしてくれる銀行も存在します。しかし、審査は厳しいので、有料ですが、ご自身の信用情報を調べてみることも大切です。簡単に借り入れられると思っていても、万が一、身内の人がご自身の名義でローンを組んでいるような場合もあるのです。

融資を受けるコツは、安定した収入があることと、過去に金融事故を起こしていないことに尽きます。年収が仮に少なくても、過去の返済状況に問題がなければ、借入れ金額は少なくなるとは思いますが、借入れをすることはできるのです。

 

保証人と担保

お金を借りる際には、万が一の返済遅延のことを考えて、保証人や担保の提供を求められることがあります。

例えば、中小企業の経営者の場合には、経営がうまくいかず、返済が遅れるようなことがあれば、保証人として返済を続けていかなければなりません。また、保証人の信用情報だけでは、借入金の返済ができなくなったと判断されるような場合には、担保を設定しなければなりません。

抵当とよく言われるのですが、万が一返済が滞った場合には、ご自身の自宅などを競売にかけて、債権を回収するのです。よく保証人にはなるな!言われますが、本当のことで、もし保証人になってしまいますと、すべての債務を負うことになってしまいます。

連帯保証人という場合もありますが、連帯と聞くだけで、すべての債務を負う必要はないと思われる人もいると思いますが、連帯保証人は、すべての債務を負わなければならないことをよく理解してください。

そして、担保ですが、基本的にはご自宅などが抵当権に入ってしまうことが多いです。ですから、会社の経営がうまくいかずに、会社の整理をしなければならない時には、すべての財産をなくしてしまう可能性も高いのです。

自己破産などの民事での借金をなくす方法もありますが、自己破産をしてしまいますと、その後の生活に支障をきたすとともに、親族などにも迷惑をかけることになります。なかなか難しいですが、極力、銀行からの融資を受けなくて済むような資金繰りに徹することが大切です。

 

資金使途の明確化

お金を借りる際には、利用使途がしっかり決まっていると思います。利用使途がしっかり決まっていれば、目的別ローンという形で、金利が安くなります。

例えば、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどです。しかし、利用使途を問わないローンもあります。ギャンブルに利用しようが、お酒の飲み代にしようが自由に利用できるローンもあるのです。

キャッシングと同様ですが、利用使途が決まっていないローンは、金利がとても高いですし、銀行では、なかなか融資を受けることもできません。そして、利用使途が決まっていないローンやキャッシングは、限度額までは何度も利用することができますので、ついついお金を借りすぎてしまうこともあるのです。

ですから、いつでも利用できるローンではなく、利用使途がしっかり決まっている場合にローンを利用するようにしましょう。いつでも利用できるカードローンでは、限度額に至るまでは、あたかも自分のお金のように、簡単に借り入れができてしまうのです。

借入れをすれば、当然金利の負担がかかります。しかも、かなり高い金利です。お金を借りる癖がついてしまいますと、いつでも借りられる利便性から、困ったらカードローンをすれば良いと思ってしまいます。決して、そのようなことがないように、ローンは目的がはっきりしていて、何度でも借入れができるような状態にすることのないようにすべきです。貯蓄と借金を混同しないようにすべきです。いや、そうしなければなりません。

 

審査

お金を借りる際には、当然返済ができるか否か審査されることになります。審査の厳しさは業者によって異なりますが、銀行から借入れる際にはもっとも厳しくなる傾向があります。

特に都市銀行などは、儲けを重視して、経営基盤が安定している大企業に融資をしてもらうようにお願いするのです。おかしいと思いませんか?お金に窮していない会社に融資をするようにお願いして、経営に困っている中小企業や個人事業主には融資をしないのですから・・。

とはいえ、お金を借りなくてはならないことが中小企業や個人偉業主にもあります。基本的には政府系金融機関の日本政策金融公庫などに相談すべきだと思いますが、お金の儲けがある可能性のある会社には、銀行も融資を検討します。

民間の銀行は、間違いなく成長するような中小企業に対しては、融資もします。儲けだけを考えているのが銀行なのです。少々リスクを負ってでも、中小企業や個人事業主に融資をするような形にしてほしいものです。

さて、審査は、中小企業の場合には、経営者の能力や人柄などを判断されますし、先々の利益計画がしっかりしていることが求められます。ですから、しっかり事業計画を立てて、融資金額に対してどの程度の利益が得られるのかということを、しっかり見極められます。

事業計画書を提示して、今後の事業計画を説明するのですが、あまりにも現実的ではない事業計画を出しますと、不信に思われて、融資を受けることはできません。ですから、最低限の事業計画を説明することが大切です。その方が経営者自身も安心できると思います。

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

-銀行借入個人向けローン融資の審査や金利

Copyright© 40代からの失敗しない不動産投資と積立投資【貯め増すファンド】 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.