銀行のフリーローン一覧

親和銀行フリーローンの金利と審査条件 審査内容

更新日:

借金はまとめてしまおう!親和銀行フリーローン

ナイスカバーでまとめよう

親和銀行フリーローンには、「ナイスカバー」という商品があります。使い道は自由なのですが、複数の金融機関からの借入を1本化にしてしまう「おまとめ」によく使われているようです。「ナイスカバー」の融資金額は最大300万円ですから、借金の1本化をするのにちょうど良い金額なのです。「ナイスカバー」の申し込みの条件は、年齢が満20歳以上65歳以下の人、安定した収入がある人(パートやアルバイト、年金受給者も申し込めます)、保証会社の保証が受けられる人となっておりどなたでも申し込みができるものです。

返済期間は半年間から7年以内なので、自分で計画を立てて返済期間が決められます。金利は年7.0%、11.0%、14.0%のいずれかで、審査で決まります。他の金融機関で借入している場合、これらの金利よりも高い可能性が高いですが、それを複数契約していて返済をしているのなら、確実に「ナイスカバー」で借り換えた方がお得です。借金を一本化してしまえば、返済額や期間などがすぐにわかるので、管理がしやすいと言われています。「ナイスカバー」では、所得証明書などの収入を証明する書類は不要ということなので、手続きもそれだけ簡単に済みます。

また、店頭に行って手続きする時、誰かに出会ったら嫌だとか、借金をしにきたと思われるのも嫌だという話を耳にします。そんな時は郵送契約ができますので店頭に行く必要はありません。簡単に申し込めて、一本化もOKなのでもし複数の借金があってまとめようと考えているなら、親和銀行フリーローンを検討してみましょう。


長崎には無くてはならない存在に

長崎県佐世保市に本店がある親和銀行は、昭和14年に佐世保銀行と佐世保商業銀行とが合併して株式会社親和銀行が設立されました。昭和16年には九十九銀行を買収します。平成に入り、平成14年、九州親和ホールディングスの完全子会社になります。翌年、九州銀行を吸収合併します。そして平成19年、九州親和ホールディングスが自力再建を断念し、ふくおかフィナンシャルグループ傘下のもと経営再建を行いました。同じ年、親和銀行はふくおかフィナンシャルグループの完全子会社になりました。

現在の親和銀行の店舗数は、88店です。長崎県内に76店、九州に11店、九州以外に1店(東京)で、大半が長崎県内です。親和銀行の起源は、明治12年に創業した第九十九国立銀行です。長崎県内を中心に佐賀と福岡にも店舗を置き、西九州エリアを中心に高度な金融サービスを提供しています。「あなたのいちばんに」をスローガンとし、銀行職員一丸となってお客さまの要望にお応えできるよう、努力しています。お客さまの声は大切にし、できることから一つ一つお応えしていくことが、多くのお客さまから満足いただけるのではと考えています。お客さまと時には一緒に悩み、考えることが親和銀行の目的でもあります。これからも良い商品やサービスを提供していきたいと親和銀行は考えています。

1番金利が安いカードローンは? 低金利カードローン一覧表<今年の最新版>

 

フリーローンで調理師を目指す

フリーローンをして調理師の学校に行った方がいます。
元スポーツ選手の方で本人曰くたいした活躍はしていない人なんですが、その方が飲食店をしたいよう。
てっきり自己資金でいくのかと思ったらお金は開業資金も必要だし今は返せるアテがあるらしくフリーローンをしたようです。
しかしずいぶん思い切りましたね~。
飲食店をするなら調理師の資格はいらないと思うんですが、中途半端で嫌だと。
せめて飲食店をやるなら最低限のことは知っておきたいからってことで調理師の資格をとるようです。
さすが元スポーツ選手。
中途半端なことはしないんだな~と感心しました。
やる気満々ですしなんかやってくれそうな気がしますので応援しましょう。

-銀行のフリーローン一覧

Copyright© 【不動産活用の部屋】不動産活用の部屋!高値売却や不動産担保ローンから土地活用 空き家活用まで , 2018 All Rights Reserved.