借りパパの銀行ローン金利比較&審査まとめ/元銀行員の裏話も

借りパパ&銀行員の利子さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

栃木県の銀行カードローン1番安い金利は?おまとめローンは? オ

栃木県の地銀カードローンの金利比較と公式ホームページ

足利銀行
本店:〒320-8610 宇都宮市桜4-1-25

カードローン名:あしぎんカードローン“Mo・Shi・Ca”(モシカ)
金利:年5.8%~14.8%
ホームページ:http://www.ashikagabank.co.jp/loan/moshica/?top_loan

栃木銀行
本店:〒320-8680 宇都宮市西2-1-18

カードローン名:とちぎんスマートネクスト
金利:年4.0%~14.8%
ホームページ:http://www.tochigibank.co.jp/individual/service/loan/card/index.html

>栃木県にある地銀より金利の安い銀行カードローンは探しましたか?
<% module(もっと金利の安い銀行カードローンならネットバンクとメガバンク) %>

栃木県にある地方銀行カードローンの審査概要

栃木県には、地方銀行として足利銀行があり、第二地方銀行として栃木銀行があります。足利銀行のカードローンには、「Popスピード型」と「Pop-Maison(メゾン)」の2つの種類があります。「Popスピード型」は、急に現金が必要になった時などに便利です。限度額に10万円、30万円、50万円の3つのコースが用意されており、用途や必要に合わせて選ぶことができます。ATMで出し入れができるようになっており、金利は年率で14.8パーセントの固定制となっています。

「Pop-Maison(メゾン)」は、住宅ローンを利用している人を対象としているカードローンになります。住宅を購入したあとに現金が必要になった時などに便利です。利用限度額は最大で100万円までとなっています。新規で住宅ローンを利用するケースでは、30万円、50万円、100万円の限度額で足利銀行側が設定します。金利は変動金利となっています。返済は毎月1万円からです。各種決済の入金忘れに対応してくれる、不足分を自動融資するサービスもあります。

いっぽう栃木銀行には、「とちぎんモビットネクスト」というカードローンがあります。とちぎんモビットネクストは、スピード審査によって即日回答をしてもらうことができます。24時間365日、いつでも受け付けているのも特長の1つだと言っていいでしょう。インターネット以外でも、モバイル、電話、FAX、郵送で申し込むことができます。FAXでの申し込みをするときには、ATMに備え付けてあるリーフレットの裏面が仮審査申込書になっています。

申し込みから契約まで来店しなくてもできますし、とちぎんの窓口を利用することも可能です。利用限度額としては、30万円から最大で300万円までとなっています。使い道は自由となっており、融資期間は1年毎の自動更新となっています。金利は100万円までが14.8パーセントで、200万円までが9.9パーセント、200万円を超えると6.0パーセントの固定制となっています。担保や保証人は必要ありません。返済方法は毎月6日に借入残高に応じて自動引き落としされます。

<% module(金利の安い順に並べた銀行カードローン) %>

銀行カードローン短編 (栃木県の銀行という訳ではないですが)

車購入のために銀行のカードローンを利用しました。200万円

私は20代の男性です。現在は会社員をしています。
先日、銀行のカードローンから200万円借りました。
これはその時の話です。

私は現在、商社に勤めています。大学を卒業後に今の会社に入社しました。昔からやりたかった仕事だったので、入社できた時はすごく嬉しかったです。

私の配属された部署は営業部です。毎日、沢山の顧客に満足をしてもらうために同じ部署の人たち、または部署を飛び越えて他部署の人たちと連携して仕事をしています。忙しくも充実した日々を過ごさせてもらっています。

そんな私の生きがいは車です。車でいろんなところまで行きます。

大学生の頃に免許を取得し、そこからバイトをしながら中古車を購入してからが私の車人生の始まりでした。入ってくるお金のほとんどは車にあてる程、バイト代をつぎこんでいました。

また、手に入れた中古車を改造するのも好きでした。そのため、沢山の費用を投入してオリジナルの車で走っていました。

社会人になってもこの趣味は変わりません。社会人になって中古車ではなく新車を購入するようになったので、よりお金がかかっています。

先日、とある車が欲しくて、そのための代金を工面しようと考え、貯金や給料とにらめっこをしていました。

しかし、どう考えても工面することができず、友人に相談した結果、銀行から借りるのが良いと教えてもらいました。ちなみに借りたいお金は200万円だったのですが、銀行であれば貸してくれる可能性があることを知ったのです。

銀行は金融機関の代表例として昔から存在しています。消費者金融と比較すると豊富な資金力があり、審査が厳しいのが特徴です。

どうしても車が欲しい私は早速、審査を申し込みました。申請書類に必要事項を記入し、社員証や給料明細などを提示して、審査を受けることにしました。

審査は無事に通過することができ、思っていたよりも簡単に終了してしまいました。所要時間は申し込みを始めてから30分程度だったと思います。

私はこの借りた200万円ですぐに車を購入しに行きました。

私の生きがいでもある車にのめり込むことができて、これ以上の幸せはありません。銀行のカードローンはなかなか使えるので、上手にやりくりしつつ今後もまたお世話になろうと思います。

オリックス銀行カードローンの申し込み方法

オリックス銀行カードローンでの融資は、インターネット上からのほか電話でも申し込みができますが、今いちばん申し込みの多いのがパソコンからのようです。
インターネットを通じて申し込めば、審査スピードが速くなるといわれていますが、それでも、申し込む前には本人確認書類を準備したりしなければならず、思い立っただけで申し込むというのは少し無理があります。
また、申し込むときの手順も押さえておかないと、余計に手間のかかることをしてしまったりすることもあります。
インターネットからの申し込み方法は、基本的な部分では、オリックス銀行カードローンも他社のカードローンもそれほどの差はありません。
まず、申し込みサイトのフォームへ必要事項を入力して送信すると、アドレス確認用のURLがついた受付メールが配信されます。
これにアクセスして受信確認後、ローン審査結果がメールで送られてくるるという手順です。また、受信確認を行うと、同時に契約手続き完了のメールも送られてきます。
次に、本人の意思確認と申し込み内容の確認がされたら、勤務先などへの在籍確認がされて、ローンカードの発行となります。ローンカードは自宅へと郵送されることになります。
これに併行して、必要書類の提出も求められます。登録したアドレスあてに必要書類のアップロード用URLが送られてくるので、必要書類をアップロードします。
必要書類の確認と最終審査が終わると、ローンカードが到着後にカードでの利用ができるようになるのです。利用できる限度額内では何度でも利用することができます。

詳しくはオリックス銀行カードローンの特集ページで↓
オリックス銀行カードローンの金利と審査基準&おまとめローン一本化

当サイトで人気のあるカードローン

安心のメガバンク!三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

公開日:
最終更新日:2016/12/08