貯めパパ!カードローン借入返済で貯蓄を始める&初めての資産運用

ブログ借りパパから貯めパパへ。40代投資初心者が資産運用で貯蓄&銀行とフィンテック活用ブログ。ローン金利比較から投資信託・ファンドの資産運用まで。利回り3%クラブ

*

地方銀行のフリーローンで低金利は?

地銀のフリーローンの注意点

地方銀行は地域密着型の営業をしているため、顧客の一人一人に丁寧に接してくれるというイメージがありますよね。特に地銀の場合、各銀行によってプランに特色がありますから、十分に内容を確認したうえで利用するようにしてください。また、地銀のフリーローンは全国規模で展開されているサービスと比較して、審査が長くなる傾向があります。よって、審査開始後に入金されるまで一定の期間を要する場合があるため、すぐにお金を借りたいという方には不向きかもしれません。

一方で、地銀にはメリットもあります。最大の利点は、金利の安いケースが多いということ。メガバンクのローンよりも低金利で借り入れのできる地銀は少なくありません。上記の点を踏まえるなら、「審査は厳しいが金利は安い」点が地銀ならではの特徴だといえるでしょう。

「大手の銀行と比べて経営が不安定なのでは?」というような声も耳にしますが、必ずしもそうとは限りません。地域の経済に精通し、堅実な銀行も多く、サービスの質自体もメガバンクと遜色のない地銀は少なくないようです。かえって郊外や農村部では、地銀の方がネットワークの充実している地方も多いといわれています。お住まいの地域の状況なども加味して、ローンの利用先は慎重に選ぶことを心がけてください。

北海道  [ 北海道 ]

東北   [ 青森 | 秋田 | 岩手 | 山形 | 宮城 | 福島 ]

関東   [ 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 ]

甲信越  [ 山梨 | 長野 | 新潟]

東海   [ 静岡 | 愛知 | 岐阜 | 三重 ]

北陸   [ 富山 | 石川 | 福井 ]

近畿   [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国   [ 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 ]

四国   [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州   [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

沖縄   [ 沖縄 ]

 

身近になってきた銀行のフリーローン

銀行融資と聞くとやや敷居が高いように感じますが、最近では以前よりも身近になり、借りやすくなっています。もともと銀行系の融資は、審査は消費者系に比べれば厳しめですが、金利の面ではとても有利な選択肢なのです。

一般的に銀行での融資は住宅ローンや教育ローンなどその使い道が決まっているローンもありますが、銀行のフリーローンは使い道は自由なのでとても便利なローンです。そのうえ金利に関してもやはり他の消費者系と比べるととても低く、借りられる限度額も他よりも高く設定されているところが多いです。

最近ではインターネットなどで簡単に申し込みができますし、審査も比較的早く済むようになりました。銀行フリーローンは無担保で保証人も要りませんし金利の低めなので、他でのローンを考える前に安定した収入があるならまず検討してみるのもよいでしょう。

 

銀行のフリーローンの審査時間について

いままで実際に銀行から融資を受けるためには、非常に時間がかかるという印象がありました。
実際に、審査時間については1週間くらいかかるものも存在しています。

しかし、最近ではその印象もだいぶ変化をしています。
簡単に審査をしてくれる銀行が多くなってきました。
ですので、中には即日融資にも対応しているところがちらほらとではじめてきているわけです。

そこで注目していただきたいのが、銀行融資としての銀行のフリーローンです。
フリーローンは特に審査が早いです。
その日のうちに審査が終わることが一般的です。
もちろん、審査の申し込みをする時間帯にもよりますが、
それだけ早く審査をしてくれる業者も多く存在しているというわけです。

銀行の審査についてですが、
フリーローンの場合は最近では60分もかからない事が一般的です。
中には、40分程度で審査が終わるような例も出てきています。
それだけ審査時間がかからずに、すぐにキャッシングが利用できるようになるわけなので、
これからは銀行の融資も注目されるべきです。

いままでは審査が早いと言えば消費者金融でしたが、
そのような流れから少しずつ変化が出てきているのかもしれません。

与信は銀行ローンの重要ポイント

銀行からお金を借りることを銀行ローンをするといいます。銀行ローンをするということは実際にどういったことなのでしょうか。銀行というものは与信審査がとても厳しいものです。銀行ローンをする場合、あなたがどういった職業についているかということが重要なポイントになってきます。まず銀行が信用一番におくのが個人ローンの場合、一番与信が高いとされる職業は公務員ででしょう。なぜなら公務員は余程の事がない限り民間企業のようにリストラに合う事もなく、給料の削減も民間とは比較にならないもので国がどんなに赤字国債を発行しようがボーナスがでなかったと言うことは殆どないでしょう。それに民間ん企業とは比較がならないくらい退職金がでます。こういった銀行ローンの返済に問題がない職業と判断されると銀行ローンの与信はぐっとあがります。銀行の融資係が県庁や市役所を重点的にまわる担当者がいるのも納得できます。銀行がローンとして貸し出すお金は預金者から預かった資金であり、預金者が引き出したいと申し出た場合、一定の金利をつけて引き出しに応じる義務があります。そういう事を考えれば貸し倒れの少ないところに貸し出すというのも当然なのかもしれません。しかし銀行の与信の重要ポイントは職業だけなのでしょうか。それは違います。職業と同じくらい勤続年数も与信の上で重要ポイントとして考慮されます。一流といわれる企業に勤続していたとしてもその勤続年数が2.3年で他の会社に変わっているのであれば、1カ所に何十年も勤めた人と比較して与信の割合は低くなります。

銀行から融資を受けて旅行に行ってきました

私は旅行が好きなのですが、ある時お金が足りなくなってしまいました。
それでもどうしても旅行に行きたかったのでどうしようか迷ったのですが、
やはり行かないといいうことはすごい残念でしたのでお金を借りていくことにしました。

 

しかし、問題になるのはどこから借り入れをするのかということです。
借入れをする場所によ手てゃ利息が大きくなってしまいます。
もっとも刈りやすいのは消費者金融ですが、
消費者金融についてはどうしても利息が高い印象があって避けたいと思いました。

 

そこで思い立ったのが銀行融資です。
銀行のフリーローンというものが実際にありますので、
そちらを活用してみようと思いました。
フリーローンについては、銀行カードローンというものがあります。
そちらは融資の使途については、
自由とされていることが多いので大きな魅力に感じたというわけです。

 

そこで銀行カードローンについて実際に審査を受けてみましたが、
特に難しいということはありませんでした。
審査結果についても驚くほど早く出まして、カードを利用することができました。
すぐに借り入れをおこないまして、旅行もしっかりと楽しむことができました。
良い利用ができたと思っています。

 

フリーローンでアメリカ旅行

そういえば、この前のカナダ旅行の記事を書いていて、そういえばアメリカ旅行にも行っていたな~というのを思い出しました。
同じ友人で、当時20歳くらいの男の友人なんですけどね。
カナダから帰ってきてちょっとしてからだったか記憶が定かではありませんが、今度はフリーローンをしてアメリカ旅行に行くことにしたらしいです。
英語を喋れないのに一人でどんどん海外に行ける根性がすごいわ・・・と私はよく言っていました。
まあ、そのアメリカ旅行はずっと考えていたらしく、行きたい場所や見たい・やりたいことも明確に決まっていて色々決めてから行っていましたね。
まあ、普通はそうするはずなんですけど(笑)
無計画で海外に飛び出すってすごいですもんね。
アメリカでは行きたい場所がたくさんあるけどもかなり広いので一回では周りきれず、またその後行く予定らしいです。(というよりもその後また行っていました)
ニューヨークに行ったりと満足できたらしく、楽しいみやげ話がいっぱい。
英語を喋れないってのによく色々できるな~と関心。
外人の友人までできてましたからね(笑)
楽しそうでなによりでした。

 

おすすめは銀行のフリーローン!メリットとデメリット

「急にお金が必要になった!」、「低い金利でお金を借りたい!」そんな方には銀行のフリーローンがおすすめ。銀行のローンについては「審査が厳しい」とい うことがよく言われますが、フリーローンは例外です。まず、用途について聞かれることがありませんし、審査もごく短期間。少額であれば即日でローンを組め ることも珍しくありませんし、ある程度まとまった金額のローンでも1~2ヶ月程度で審査が完了します。
さて、気になる金利ですが、最低金利の目安は5~7パーセント前後。ローンの金額、プラン、サービスを提供する銀行によって契約内容は異なります。消費金融、一般のクレジットサービスなどと比較すると、かなりお得な金利が設定されていると言うことができるでしょう。
ただし、「借り易い」からこそ注意も必要。手軽にローンを組めるが故に、つい借り過ぎてしまう危険性があることは認識しておきましょう。消費者金融と比較 すると多重債務に陥るリスクは低いとはいえ、ゼロではありません。計画的な利用を心がけてください。いくら手軽に利用できるプランであっても、「収入が安 定している」ことが利用条件として挙げられます。未成年、無職(高齢者含む)の方は利用できないのでご注意ください(パート・アルバイト、年金生活者は OK)。

フリーローンより使い勝手の良いカードローン

私達の日々の生活では、性別や年齢や職業に関係なく、お金とは切っても切れない仲にあります。もちろん「お金がなくても幸せ」という価値観も一理あります が、お金がなければ、できることも限られてしまいます。食費などの生活費も削らないといけないことになるため、やはりお金がないと生活にも支障が出てきま す。

手持ちの現金が十分でない時は、欲しいものを我慢する方法もありますが、下手に我慢しないで欲しいものを購入することができるのです。そんな時に非常に役 に立つのが、カードローンで借りることです。今ではカードローンを提供している金融会社は沢山ありますが、自分のニーズに合ったカードローンを見つけるの は、簡単そうでいて実は難しいものなのです。そこで、カードローンで借りる際に知っておきたいポイントについてまとめてあります。

カードローンは、昔に比べて非常に利便性が上がりました。インターネットの発達に伴って消費者金融ローン会社やその金融会社で提供している商品の情報が一気に広まったり、時間があまりない方でも、わざわざ店舗に足を運ばずに申し込むことができたりと、色々な意味で 進化を遂げています。しかし、実際にカードローンで借りることを考えてみると、利用するのに抵抗を感じてしまうこともあります。これは、カードローンで借 りるに対する単なる偏見が行動を邪魔しているだけに過ぎません。それなら、行動を妨げている要因を解決すれば良いだけのことです。

後は、カードローンに関する基礎的な知識をしっかり身に着けていけば、申し込みなどがスムーズにできるようになります。カードローンを利用してみると、大 量の現金を持ち歩く必要がなくなるし、急にお金が必要になった時も、利用可能限度額の枠内であれば、繰り返し利用することができます。このように、カード ローンで借りることによって、カードローンならではの恩恵を受けることができるのです。カードローンで借りる際の正しい知識をまずは身に着けましょう。

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

公開日:
最終更新日:2017/09/20