借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

ソニー銀行のカードローンでおまとめローンをするメリット

      2016/11/03

「おまとめローンには最適な低金利設定」

ソニー銀行でおまとめローンを行いたい方も多いでしょうが、ソニー銀行にはおまとめローンやフリーローンがありません。そこで提供されているカードローンを使って、独自におまとめをすると良いでしょう。実はソニー銀行のカードローンは以前に新規申込を停止にしていましたが、最近になって一般からの熱い要望を受けて再開しました。人気の高い理由の一つに、安定収入があればパート・アルバイトはもちろん、無職の学生や年金生活者に専業主婦でも借り入れがOKな点を挙げる事ができます。ただし、申し込みの際にソニー銀行の口座が必要となります。そんなソニー銀行のカードローンは低金利が大きなメリットになっています。おまとめローンとして利用する場合は金利が大きなポイントになります。その点で最低金利が年利2.5%は立派です。これは銀行系でもトップスラスです。また数十万円あたりの融資に対しても上限の年利13.8%までの設定ですので、こちらも平均レベルを下回っている事が分かるでしょう。基本的に銀行カードローンの上限金利は年利15%程度です。また消費者金融などのノンバンク系は、数十万円の融資に年利18%を設定しています。つまり、ちょっとしたおまとめローンをする場合も低金利で済むという事です。

「自宅からでも出先からでも借入れ・返済が可能」

WEBからの申込みで、審査も借入れも返済までもネット上で行えるのは大きなメリットです。もちろん申し込みの審査も、ソニー銀行の口座を持っていれば全てWEB完結ができますし、最短で即日キャッシングもできます。またソニー銀行の営業時間は平日で9時~20時、土日祝でも17時まで対応しています。つまり365日いつでもキャッシングが可能なのです。また、融資額に関しても余裕のある枠が設定されています。例えば無職の専業主婦でも、配偶者に安定収入があれば最大50万円までの枠を提示してくれます。一般の方には最大800万円までの利用枠から、審査によってそれぞれ決定される事になります。これならば、多重債務が数百万円に膨らんでしまった方でも十分に対応できるでしょう。

「借入れ・返済時のATM手数料無料」

利用の際の借入れ・返済(随時返済)でも、提携ATMを利用すれば手数料が無料です。基本的に銀行系では、1回の手続きで108円~216円の手数料を取るところが多くありますので、これはとてもお得なサービスでしょう。なお、基本的な月の返済は自動引き落としで手数料はかかりません。この様に利便性の高いソニー銀行のカードローンですが、利用者は必ず当行の口座が必要となります。また定期の返済は口座引落のみだという点もご注意ください。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

 - おまとめローン