借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

きらやか銀行はフリーローンをおまとめローンとして利用できる

      2016/11/03

きらやか銀行でおまとめローンを利用するには

きらやか銀行には「おまとめローン」という名称のローンはありませんが、フリーローンをおまとめローンとして利用可能です。融資額は大きいですし、審査は最短で60分で回答が得られる点がメリットです。申込はフリーダイヤルで平日の午前9時から午後7時まで可能ですし、インターネットでは24時間365日申込可能です。FAXでも電話でも申込できます。電話・インターネットの申込では午後3時までに審査を申し込むと、最短でその日のうちに審査結果が通知されます。審査はリトライサービスがあり、第1次審査できらやかカード株式会社によって仮審査をして、それに通過できなかった場合に自動的に同一内容で株式会社オリエントコーポレーションの審査をすることになっています。オリエントコーポレーションは信販会社であるため、銀行系の保証会社の審査よりも若干ゆるめです。

きらやか銀行のフリーローンの概要

利用できるのは、申込時に年齢が20歳以上65歳以下の人で、勤続年数が1年以上の給与所得者、または2年以上同一の事業を営んでいる自営業者です。前年の税込年収が150万円以上であることも条件で、きらやか銀?の営業エリア内に居住または勤務していることも必要です。融資額は10万円以上500万円以内で、1万円単位で設定されます。融資期間は10年以内で、1ヶ月単位で設定可能です。300万円以下の場合には7年以内となっています。金利は4.8%から14.6%の固定金利を適用します。借入額によって変動しますが、14.6%でも消費者金融業者のローンよりは安くなるため、利用価値は充分にあります。返済方式は毎月元利均等返済となっており、融資額の50%以内で6ヶ月ごとの増額返済を併用可能です。担保や保証人は原則不要ですが、条件によっては連帯保証人が1名以上必要であることもあります。

メリットとデメリット

きらやか銀行のフリーローンでは正式契約では必ず来店しなければいけません。Web完結型は採用していません。契約では、利用額に関わらず本人確認書類とともに所得証明書が必要になります。給与所得者は直近の源泉徴収票、自営業者は所得額を記載した納税証明書、または確定申告書の写しが必要です。リトライサービスがあるのはメリットです。銀行系の審査であっても、リトライである信販系の審査であっても条件に変更はありません。金利に変更があるケースがあるので、窓口でしっかり確認する必要があります。Web申込でも契約では来店ですので、内容確認は怠りなくしておきましょう。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

 - おまとめローン