借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

静岡県の銀行カードローン1番安い金利は?おまとめローンは? ×住無

静岡県の地銀カードローンの金利比較と公式ホームページ

静岡銀行
本店:〒424-8677 静岡市清水区草薙北2-1

カードローン名:しずぎんのカードローン 「セレカ」
金利:4.0%~14.5%
ホームページ:http://www.shizuokabank.co.jp/personal/loan/card_loan/index.html

スルガ銀行
本店:〒410-8689 沼津市通横町23番地

カードローン名:スルガ銀行カードローン「リザーブドプラン」
金利:7.0%~14.9%
ホームページ:http://www.surugabank.co.jp/reserved/reserved_plan/

清水銀行
本店:〒424-0809 静岡市清水区天神1-8-25

カードローン名:しみずスピードカードローン
金利:14.900%
ホームページ:https://www.shimizubank.co.jp/individual/loan/cardloan/index.html

静岡中央銀行
本店:〒410-8710 沼津市大手町4-76

カードローン名:しずちゅうプレオカード
金利:6.0%~14.5%
ホームページ:http://www.shizuokachuo-bank.co.jp/loan-preo.html

静岡県にある地銀より金利の安い銀行カードローンは探しましたか?
<% module(もっと金利の安い銀行カードローンならネットバンクとメガバンク) %>

静岡県にある地方銀行カードローンの審査概要

静岡県には、地方銀行として静岡銀行、スルガ銀行、清水銀行があり、第二地方銀行として静岡中央銀行があります。静岡銀行には、最大で500万円まで借りることができるカードローン「セレカ」と、50万円までの小口用「ミープラス」、住宅ローン利用者専用の「ネクストワン」があります。セレカの金利は6.0パーセントから14.5パーセントとなっており、手数料はいつでも無料です。少額でも繰り返し利用できるのが特長で、返済も毎月1万円からとなっています。

スルガ銀行には、「リザーブプラン」というカードローンがあります。最大限度額が500万円までで、金利は7.0%から14.9パーセントとなっています。入会金、年会費は無料で、同行に口座がなくても利用できます。「リザーブプランプラス」では、金利が3.6パーセントから14.9パーセントとなっており、他社からの借り換えにも適したプランになっています。返済回数が目的ローンならば最高で84回、フリーで120回と、ゆとりのある返済計画を立てられるのも特長の1つです。

そして、清水銀行には、30万円と50万円のコースですぐに利用できる「スピードカードローン」があります。同行で住宅ローンを利用している人には、最大で100万円まで借りることができる「しみずトクトクカードローン(住宅用)」があります。給与振込を利用している人には「しみずトクトクカードローン(給振用)」があり、利用限度額は50万円までとなっています。そのほか、使い道自由で50万円と30万円のコースがある「しみずアシストカードローン」もあります。

また、静岡中央銀行には、「しずちゅうプレオカード」というカードローンがあります。これは、最大で300万円まで借り入れることができるカードで、来店不要、口座も不要で申し込めるようになっています。主婦やパート、アルバイトでも利用できます。電話のほか、インターネットでも申し込め、担保や保証人は必要ありません。金利は年率で、6.0パーセントから14.5パーセントとなっています。保証会社によって同じ限度額でも金利が変わってきます。

<% module(金利の安い順に並べた銀行カードローン) %>

銀行カードローン短編 (静岡県の銀行という訳ではないですが)

銀行のカードローンで260万円借りて不妊治療の代金・費用にあてた

私たち夫婦には子供がいません。結婚をして3年たったときに婦人科に行き検査をしてもらいました。二人で検査をしてもらったら、私の方に妊娠しづらい原因がありました。主人は子供が絶対ではないと言ってくれましたが、私は子供が欲しいという思いが強かったし、誰もがすぐに妊娠出産をすることができると思っていたので当然自分もそうなるだろうと思っていました。治療をしていかないと出産は難しいと言われて、私は迷わず治療をすることに決めました。私の思いに寄り添ってくれて主人も不妊治療をすることを認めてくれました。正直言うと子供ができたら嬉しいと正直な気持ちを私に打ち明けてもくれました。最初は貯金を崩しながら治療費を捻出していたのですが、貯金では足りなくなってきました。その時に初めて妊娠反応が出ました。着床することなく流産という形になりましたが、私にも妊娠することができると思うとますます頑張りたいと思うようになりました。お金が足りなくなってからは銀行のカードローンを利用して不妊治療の代金・費用を準備しました。銀行のカードローンを利用して不妊治療の代金・費用にすることは主人には内緒で行っていました。銀行のカードローンは家族に知られることはないのですが、不妊治療の代金・費用の出どころが気になった主人から問い詰められて白状しました。その時はすでに260万円借りている状態でした。主人は260万円借りているということにとても驚きました。そこから話し合いになりました。260万円借りてまでしなければならない事なのか、二人ではダメなのかと散々話し合いをしました。私自身、意地のようになっていた所もありました。主人からお前がいれば良いといってもらって気持ちが楽になりました。私が頑張ってきた事は無駄ではないと認めてもくれました。返済をするのは大変でもありますが、自分が納得をするまで治療を受ける事ができてとても満足をしています。初めて銀行のカードローンを利用して借入をしましたが、とても便利で助かりました。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

↓の詳細ページへどうぞ↓

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

公開日:
最終更新日:2016/12/07