借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

不動産を担保にしたローン

   

最近は保証人や担保を不要としてお金を借りることができるようになりましたが、これは仲介業者が中に入って保険会社的な役割をしてもらう金融機関が増えたためで、当然ながら仲介会社が入ることによって余分な手数料が発生することになり、これが金利に反映されることで金利が相対的に高くなります。

中には絶対に返すことができる自信があるという人もいるかと思いますが、少しでも低金利でお金を借りたい場合は不動産を担保にしてローンを利用する方法もあり、これだと通常のローンに比べるとさらに金利は低くなります。

住信SBIネット銀行でも不動産担保型のローンを提供していますが、借りることができる金額についても不動産によってかなり変わり、場合によっては一億円という高額な費用を借りることができる場合もあります。

また、金利については変動金利になり3.9%から8.8%の中で金利が設定されることになりますが、毎月の金利見直しになるので借りている金額に対してかかってくる金利が変動する点には注意をしてお金を借りる必要があります。

住信SBIネット銀行で不動産担保型のローンを利用する場合は借り入れまでの期間がかなり長くなってしまう可能性があるので、すぐに借りる必要がある人にとっては少々デメリットもあります。

また、担保があるからと言って100%の借り入れを証明するものではないので審査の結果によってはお金を借りることができない場合もあるので注意が必要となります。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

 - 住信SBIネット銀行