借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

最短即日融資も可能なカードローン一覧&すぐに今日中に借りたい時の必須ポイント

すぐに借りれるカードローンは?即日融資と即日審査の違いに注意」
カードローンの広告などでは「即日融資」とか「最短30分で審査完了」などと融資に関するスピードを謳っている広告を目にする機会が少なくありません。
急いでお金が必要な時に強い味方のカードローンですが、即日で融資を受けるのにはどのようなポイントがあるのでしょうか?

即日融資とは

即日融資とはカードローンに申し込んだその日に融資を受けることができるという意味です。
低金利時代の今、カードローンは銀行にとって数少ない高金利商品です。
銀行や消費者金融各社はカードローンに融資までのスピードという付加価値をつけて競争している側面があります。
即日融資の流れや審査は以下のように行われます。

カードローン審査の順番

カードローンの審査は以下のような順番で行われます。
①仮審査
申込→個人信用情報への照会→申込情報のスコアリング審査→仮審査結果判定
即日融資に対応しているローンの審査では仮審査はコンピューターで行われます。
実際には①の審査は数秒で行われ、この仮審査で「融資できるか否か」「いくらまで融資可能か」が決定します。

②本審査
本審査は仮審査の内容を確認する作業が主になります。
申込時に申告した生年月日などの属性情報が本人確認書類と整合しているかの確認や、申込時に申告した勤務先に本当に勤務しているかの確認、申込時に申告した年収が本当に合っているかの確認が行われます。
この本審査で問題がなければ審査通過となります。

③契約
契約手続きはインターネット上で行うことができるローンもありますし、書面に記述して店頭窓口や自動契約機やFAXか郵送で提出する場合もあります。
契約手続きと同時にカード発行が行われるのが一般的ですが、カード発行は郵送か自動契約機か店頭で受取るような流れとなっています。

最も時間がかかるのは勤務先への在籍確認

融資を行うかどうか、いくらまで融資可能かという審査の際に最も重要な部分を決めるのは、コンピューターによる自動審査です。
融資を行うかどうかの大まかな方向性である仮審査の結果は実は申し込んでから瞬時に判定されています。
では、審査の際に最も時間がかかる項目な何かと言えば「勤務先への在籍確認」です。
勤務先への在籍確認は申込時に申告した勤務先へ審査担当者が実際に電話をかけて在籍を確認する審査です。
本人に繋がらなくてもよいのですが、勤務先への誰かに電話がつながって「不在」や「休み」などのその勤務先へ在籍している言質が取れれば確認終了です。
この際に、勤務先へ電話をかけても誰にもつながらなかったりした場合には審査に時間がかかってしまうことになります。
いずれにせよ、審査の際に唯一と言ってもいいほど人の手で行う審査が勤務先への在籍確認ですので、審査の手続きの中でもっとも時間がかかるのは勤務先への在籍確認です。

契約手続きは自動契約機が無難

カードローンの契約手続きは必要書類に記入を行い郵送かFAXで提出する方法が従来は一般的でした。
しかし、その方法では提出までに時間がかかってしまうため、近年は自動契約機で記入を行い、機械に書類を提出するという方法が最も一般的です。
契約書類の提出後はすぐにカードを受け取ることができますし、書類の内容は自動契約機のカメラで担当者がモニタリングしてくれるため間違いがありません。
自動契約機は21時~22時くらいまでは曜日に関係なく営業していることが多いため、即日融資を受けたい人は自動契約機で契約を行うのが最も無難でしょう。
また、最近では書類の記入が一切必要ないWEB完結という契約方法が普及しています。
書類の記入がない分だけ契約にかかる時間は短くて済みますが、この方法の取り扱いはすべてのローンにあるわけではありませんし、申込ができる人も限られています。

即日融資と即日審査は異なる

よく「最短即日審査回答」という一文を目にすることがあります。
即日審査回答は即日融資とは異なるため注意が必要です。
その日のうちに審査の回答があるというだけで、その日のうちに融資が行われるわけではありません。
むしろ、審査のシステムにコンピューターを導入していない銀行が人の手でスコアリングの審査を行っている時に使われる表現です。
よく、ネット銀行のカードローンには即日審査回答というような項目があります。
ネット銀行は審査のシステムがコンピューター化されていることが少ないことや、ネット銀行のカードローンは当該銀行の普通預金口座の保有が必須である場合が少なくありませんので、口座を作成してからの融資の場合には、いくら即日で審査の回答があっても融資までには2週間程度かかってしまうことも珍しくありませんので注意してください。

振込を即日融資で受けたいのであれば平日14時半くらいが目安

カードローンの融資の方法は大きく分けて2つあります。
銀行口座へ振込みを受けるか、発行されたローンカードを使用してATMからキャッシングを行うかの方法です。
振込融資を受けたい場合には当然ながら銀行の営業時間までしか振込を受けることはできません。
そのため、遅くとも平日の14時半までには契約手続きを完了させている必要があります。
振込融資で即日融資を受けたいのであれば平日のできるだけ早い時間に申込を行い、11時くらいまでには審査に通過しておいた方が安心でしょう。

自動契約機からカード受け取りで14時以降も即日融資可能

銀行の営業時間外に契約が終わったとしても即日融資を受けることができる可能性はまだ残されています。
自動契約機で即日カード発行を受けてATMからキャッシングを行う方法です。
多くの自動契約機では曜日に関わらず21~22時くらいまで稼働していますので、その時間内に契約手続きを終え、ローンカードの発行を受ければ併設されているATMかコンビニなどの提携ATMで即日融資を受けることができます。

書面での契約が必要ないWEB完結とは?

カードローンによってはWEB完結申込という契約方法があります。
この契約方法は申込から契約までをすべてWEB上で完結させる方法で、書類の記入が一切必要ないのが特徴です。
銀行系カードローンですでに当該銀行のインターネットバンキングを契約している時にこの契約を行うことができる場合があります。
また、消費者金融でもWEB完結を行うことができ、消費者金融のWEB完結はカード発行がありません。
そのため、審査通過=契約と言っても過言ではありません。
急いでいる時には契約までのスピードが特に速い消費者金融のWEB完結がおすすめです。

 

即日融資を受けるポイント

即日融資を受けるポイントは以下の通りです。
ポイントを押さえてできる限り確実に即日融資を受けられるようにしましょう。

申込内容に間違いがないように注意

申込の際に間違いがあると審査自体がやり直しになることがあります。
特に住所氏名生年月日を間違えてしまうと、審査の入口である個人信用情報の審査がやり直しになる可能性もあります。
急いでいるからと言っても申込の際には申込の内容を間違えないように注意しましょう。

必要書類は事前に準備

カードローンの申込みの際に必ず必要になるものは、自動車運転免許証やパスポートなどの本人確認書類です。
また、銀行系カードローンは申込金額によって収入確認資料の提出が必要になる場合があります。
消費者金融のカードローンは1度の借入額が50万円を超える場合または、他社との借入額の合計が100万円を超える場合には収入確認資料の提出が必須です。
収入確認資料は源泉徴収票か給与明細数ヵ月分が必要になります。
申込時に申告した年収と収入確認資料の年収が異なってしまうと審査がやり直しになる場合もありますので、申込時に手元に用意して収入確認資料の金額を転記するようにした方がよいでしょう。

勤務先の在籍確認に時間がかからないポイントとは?

もっとも審査の際に時間がかかるのは勤務先への在籍確認です。
勤務先への在籍確認は勤務先へ審査担当者が電話をかけますが、この際に勤務先に繋がらないとか、そもそも確認ができないような場合には時間がかってしまいます。
大きな会社にお勤めの人は会社の代表番号ではなく自分がいる部署への直通番号を記入するなど、できる限り確実に在籍確認ができるように配慮しましょう。
また、カードローンの審査は土日にも行っていますが、土日に会社が休みの場合には在籍確認ができるまで審査には通過できませんので、土日に即日融資を受けようとする場合には注意が必要です。

 

最短即日融資が可能なカードローン

即日融資が可能な代表的なカードローンは以下の通りです。
それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

アコム

アコムは最短30分で審査完了です。
また、振込融資にも対応していますので平日14時30分くらいまでに契約が完了すれば振込での即日融資に間に合うことが出来ます。
また、アコムは楽天銀行の口座であれば365日24時間振込融資に対応していますので、平日の振込時間に間に合わなくても振込での即日融資に間に合うことが出来ます。
ローンカードでの即日融資を受ける場合にはアコムの自動契約機は平日土日祝日と8時~22時まで稼働していますので、時間内にカードを受け取りことでATMから即日融資を受けることが可能です。
アコムは借りやすい?
金利と限度額と詳しい審査基準は<こちらの特集ページへ>

プロミス

プロミスの審査は最短40分です。
プロミスは平日14時50分までの契約であれば即日振込を行ってくれます。
また、プロミスは「瞬フリ」というサービスを行っており、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座への振込は365日24時間可能ですので、契約時間が14時50分を過ぎてしまっても即日振込が可能です。
また、プロミスはWEB完結契約を行うことができます。
カード発行なしで、返済方法が口座振替であれば審査終了と同時に契約となりますので、審査から契約までの時間がとても短くなるというメリットがあります。
また、カードで即日融資を受ける場合には自動契約機は平日土日祝日ともに9時~22時まで稼働しています。
カードで即日融資を受けたい人は22時までは余裕があります。
プロミスは借りやすい?
金利と限度額と詳しい審査基準は<こちらの特集ページへ>

アイフル

アイフルの審査は最短30分です。
振込融資は14時30程度までに契約を終了させている必要があります。
また、ATMから即日融資を受ける場合にはアイフルの自動契約機の審査回答時間である21時45分までに審査の回答を得る必要があり、その場でカード発行を受ける必要があります。
アイフルは借りやすい?
金利と限度額と詳しい審査基準は<こちらの特集ページへ>

モビット

モビットは審査時間:10秒簡易審査です。
モビットも振込融資を行っていますので、14時30分までに契約手続きを完了させておく必要があります。
なお、モビットにもWEB完結申込がありますが、モビットのWEB完結申込はプロミスのWEB完結よりも優れています。
モビットのWEB完結は勤務先への電話連絡がないという点です。
モビットのWEB完結に申し込むには健康保険証が組合保険証か協会けんぽの保険証である必要があります。
これらの保険証には保険証から勤務先が確認できるようになっているため審査の際に勤務先へ電話をかける必要がありません。
このため、モビットのWEB完結はプロミスよりもさらに早く審査が終了する可能性が高くなります。
即日カード発行を受けて即日融資を受ける場合は自動契約機を使用しましょう。モビットの自動契約機は曜日に関わらず21時まで稼働していますので、契約手続きを21時までに自動契約機で完了させれば即日融資をATMから行うことができます。
モビットは借りやすい?
金利と限度額と詳しい審査基準は<こちらの特集ページへ>

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

公開日:
最終更新日:2017/06/12