貯めパパ!カードローン借入返済から老後資金の貯め方と不動産投資

老後資金の貯蓄に40代から不動産投資と安全な資産運用を始めたブログです。カードローン借入返済、銀行とフィンテック活用、インデックス投資・ファンド利回り3%狙い。

*

ABCサニーの不動産担保ローン金利と審査 融資は不動産収益物件購入も

      2017/10/12

■4.1%不動産担保ローン
ノンバンクの貸金業者であるABCサニーは不動産を担保とした融資専門の会社です。個人、事業者問わず、資金使途自由な4.1%不動産担保ローンの主な商品スペックは以下のようになっています。

・個人の生活費やおまとめや事業資金に
ABCサニーには不動産を担保としたローンが2種類ありますが、4.1%不動産担保ローンは資金使途が完全に自由で、事業者も個人も借りることができ、何にでも使用することができます。
カードローンやフリーローン、事業者であれば運転資金や設備資金といったように銀行であれば商品が分かれていますが、ABCサニーの4.1%不動産担保ローンは同条件で様々な用途に使用することが可能です。

・融資限度額3億円
ABCサニーの不動産担保ローンの融資限度額は3億円までとなっています。
銀行融資では1億円を超える融資を受けることは非常に困難で時間も膨大にかかります。
4.1%不動産担保ローンの使い道は完全自由ですので、個人のおまとめなどの少額の入用から、法人の運転資金や、設備資金まで3億円もあればたいていの使い道には応用できる商品設計となっています。
ただし、返済ができなくなった際には担保不動産を処分して回収に充てるのが不動産担保ローンですので誰でも3億円まで借りることができるわけではなく、担保評価額以内の借入額までとなります。

・金利が低い
ABCサニーの不動産担保ローン最大の特徴が金利の低さにあります。
金利は固定金利で4.1%~7.5%となっています。
これだけ見ると銀行の不動産担保ローンと比較すると高い金利であるといえますが、ノンバンクの中には10%を超えるような金利設定となっている業者も少なくありません。
この点、ABCサニーの不動産担保ローンの最高金利は7.5%ですので他社と比較してメリットがあります。
使い道自由ですので金利10%越えが当たりまえの銀行のカードローンやフリーローンと比較しても金利メリットはあります。
使い方によっては最初からABCサニーの不動産担保ローンを選択したほうが得になる場合もあり得ます。

・最長30年
ABCサニーの不動産担保ローンの返済期間は最長30年となっています。ノンバンクの不動産担保ローンの返済期間は長めの設定が可能ですが、ABCサニーも例外ではありません。
銀行フリーローン、銀行の事業運転資金の借入などは長くても10年程度までしか対応していないため、最長30年融資は毎月の資金繰りや生活という面で見るとかなりのメリットが望めるものとなっています。

・返済方法は応相談
ABCサニーの不動産担保ローンの返済方法は特に決まっていません。使い道によって返済方法を選択することができます。
一般的なローンと同じように、毎月元金と利息を均等に返済していく方法、ボーナス併用にする方法等様々相談のうえ設定することができます。
親の死亡時に一括で親の資産を売却して返済をしたい人は一括返済、おまとめによって毎月の返済額を軽減したいとおう人は毎月均等返済などなど使い道に合わせて様々な返済方法を選択することが可能です。
■不動産事業ローン
不動産投資を事業的に営む法人個人向けのローンで4.1%不動産担保ローンよりもさらに金利メリットが大きい点が特徴です。

・不動産事業者の不動産投資用ローン
こちらは4.1%不動産担保ローンと異なり、不動産事業者向けのローンです。法人も個人も利用することが可能です。
投資用不動産購入、アパート建築、競売資金などに利用することができ、何にでも使用することができる4.1%不動産担保ローンとは資金使途が根本的に異なります。

・融資金額3億円以上可能
不動産事業ローンの融資限度額は一応3億円と表記されているものの、相談によっては3億円以上の融資金額に応じてくれることもあります。
つまり、実質的には融資金額は無制限です。
都心の一等地では3億円以上するような物件も少なくありません。そのような物件を購入する際にもABCサニーはビジネスチャンスを逃さないようスピーディーに高額融資に対応してくれます。

・金利が低い
ABCサニーは資金使途自由の4.1%不動産担保ローンでも十分に金利は低いのですが、資金使途が不動産事業に限定されている不動産事業ローンはさらに金利が低くなっています。
金利は固定金利で3.6~7.0%となっています。
銀行融資でも場合によっては3%以上の金利がついてしまうことも珍しくないことを鑑みれば、ABCサニーの不動産事業ローンの金利は場合によっては銀行よりも低いことも考えられます。
もちろん高金利がやむを得ないノンバンクの不動産担保ローンの中ではABCサニーの不動産事業ローンの金利はかなりのメリットがあるといえます。

・最長30年
ABCサニーの不動産事業ローンの融資期間は最長30年です。
銀行融資の最長35年くらいまで対応していますので少し短い期間といえますが、投資用不動産購入、競売資金調達には十分すぎる融資期間です。

・返済方法は自由
不動産事業ローンの返済方法も4.1%不動産担保ローンと同じく、自由に選択することが可能です。家賃収入を目当てとした投資用不動産の購入やアパート建築の際には毎月均等返済を活用することができますし、分譲地の購入の場合には1区画売れた都度自由に返済していく方法も選択できます。転売目的で不動産を購入する場合や、売地を担保としたつなぎ資金を用意したい場合などは期日一括返済を選択することも可能です。
いずれにせよ返済方法が自由ですので、多種多様な使い道を選択することができるのがABCサニーの不動産事業ローンのメリットです。

■ABCサニーの特徴
4.1%不動産担保ローンと不動産事業ローンの2つの商品が用意されているABCサニーの不動産担保ローンには以下の6つの特徴を挙げることができます。

・融資までの時間が短い
ABCサニーは融資までの時間が早いという特徴があります。申込から融資まで最短3営業日融資です。
銀行で不動産を担保とした融資を受ける場合には不動産担保物件の調査、支店内での稟議、本部での稟議等、経なければならないプロセスがたくさんあり、融資までには時間がかかってしまうこと少なくありません。
場合によっては1か月以上の時間がかかることもあります。これだけ時間がかかると狙っていた物件が誰かに買われてしまったり、競売が終わってしまったりとビジネスチャンスを逃してしまうことにもなります。
その点ABCサニーは融資まで最短3営業日とスピード対応ですので、ビジネスチャンスを逃すことはありません。また、数日後までに資金を用意しないと手形が不渡りになるというような超緊急事態にもしっかりと対応してくれます。

・ノンバンクの中では金利が低い
ここまで説明してきたように、ABCサニーの不動産担保ローンは同業他社のノンバンクよりもかなり低い金利です。
不動産担保調査手数料と金利を合わせて初年度20%を超える実質金利を払わなければならない業者もある中で。ABCサニーの金利は4%を切る可能性もあります。
この点は大きなメリットです。
銀行融資とは別枠で総量規制対象外で使い道自由なローンですのでうまく活用できれば金利的なメリットがノンバンクのみならず銀行よりも望める可能性もあります。

・全国の不動産対応
不動産担保ローンは融資金額が返済不能となった際には担保物件を処分して返済に充てることを前提としたローンです。
いざ不動産から回収したいと考えたときに担保物件が処分できないということがローン会社にとって不動産担保ローンでの最大のリスクといえます。
そのため、流動性や換金性が高い都心部の不動産しか担保として取り扱わないという業者が少なくありません。
しかし、ABCサニーの不動産担保ローンは日本全国の不動産に対応しており、換金性があるとABCサニーが認めれば地方の不動産でも担保として融資に応じてくれる可能性があります。
この点は他のノンバンクと比較してメリットであるといえるでしょう。

・審査基準は担保評価額
ノンバンクの不動産担保ローンは銀行で審査に落ちた人でも融資を受けることができる可能性があります。
銀行では担保から回収すればよいというような考えは審査の際に全くもっていません。そのため、いかに優良な不動産を担保として提供できたとしても借入が多い人や個人事業主や小規模法人の代表者など収入が不安定の人は審査に落ちてしまう可能性が高くなります。
しかし、ABCサニーをはじめとしたノンバンクは現金で回収できなかったとしても担保となる不動産を処分して回収に充てればよいという考え方をもっていますので、現金での回収が困難との理由で銀行審査に落ちてしまった人でもお金を借りることができる可能性があります。
例えば多重債務だという理由で銀行からおまとめローンに断られた人は不動産担保ローンでおまとめを行えば毎月のメリットを出すことにもつながるため、あきらめずに相談してみる価値はあります。

・自分の不動産でなくても対応可能
ABCサニーの不動産担保ローンは自分の不動産でなくても親族や第3者の不動産でも担保として提供することができます。
もちろん不動産所有者の同意は必要になるため、親の不動産を担保として介護費用をねん出したい場合や、共同経営者の不動産を担保として共同経営を行っている事業の資金を借りたい場合などに活用することができます。

・共有持分もOK
共有持ち分とは、1つの不動産に複数の所有者がいる状態を示します。銀行は基本的に共有持ち分の不動産を担保として取り扱うことはあまりしません。担保とする場合でも不動産全部に抵当権を設定するため共有名義人の同意と印鑑が必要になります。
しかし、ABCサニーの不動産担保ローンは共有持分の不動産を担保に、その持分割合に合わせた融資を行ってくれます。
自分の不動産は共有持分だからと考えている人でも、ABCサニーの不動産担保ローンであれば当該不動産を担保に必要な資金を調達できる可能性があります。

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

 - 不動産担保ローンの融資 審査 ノンバンク 銀行 信用金庫