借りパパ調べのカードローン比較&投資で貯蓄・資産運用まとめ

1億円貯める方法を考えるブログ。借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

静岡銀行カードローンの金利と審査基準/収入証明書 – by借りパパ

      2017/04/28

静岡銀行カードローン(セレカ)徹底解説

■静岡銀行カードローンセレカの特徴
全国的にも最大規模の地方銀行である静岡銀行のカードローンセレカには以下の6つの特徴があり、地方銀行でありながら日本全国から顧客を誘引しています。

・融資金額500万円まで
静岡銀行カードローンセレカの融資限度額は500万円までとなっています。
数十万円単位の少額借入からおまとめなどにも利用することができる金額設定となっていますが、リフォームなどのさらに高額借入には500万円では対応できない場合もあります。
他社のカードローンが1,000万円までとか800万円までという商品が珍しくないことを鑑みると、静岡銀行カードローンの融資限度額は少額であるといえるでしょう。
静岡銀行には使い道自由なフリーローンもありますが、この商品も融資限度額500万円までとなっており、静岡銀行は使い道自由な無担保ローンにはそれほど高額融資は行っていないことがわかります。

・金利4.0~14.5%
静岡銀行カードローンセレカの金利は以下のようになっています。
100万円以下:14.5%
100万円超~200万円以下:12.0%
200万円超~300万円以下:9.0%
300万円超~400万円以下:7.0%
400万円超~500万円以下:4.0%
最高金利が14.5%というのは銀行系カードローンの中ではまずまず平均的な金利であるといえます。後述しますが、静岡銀行カードローンセレカにはキャッシュバックがあるため、実質的な初年度の利息はもう少し低くなります。
また、限度額に対して金利の設定が一律です。
借入前に自分が借りたい金額の金利をあらかじめ知ることができるため、他の商品との比較や利息負担額がイメージしやすいというメリットもあります。

・審査時間最短30分
静岡銀行カードローンセレカの審査時間は最短で30分となっています。地方銀行の審査システムは大手消費者金融やメガバンクと比べて充実していない場合が多く、審査時間は最短で当日中というような銀行も数多くあります。
静岡銀行は地方銀行としては全国最大クラスの規模を誇り、カードローンにも力を入れていることから、審査の時間が大手消費者金融やメガバンク並みに短く、最短30分で審査が完了するという点も大きな特徴の1つです。

・全国から申込可能
静岡銀行カードローンセレカは日本全国から申込が可能です。
返済が滞った際の督促や事後処理のために、多くの地方銀行では自行の営業区域内に居住または勤務している人しか申込ができない場合がほとんどです。
しかし、カードローンに力を入れている静岡銀行では、静岡銀行の店舗がなくても北海道から沖縄まで全国から申込が可能となっています。

・最大45日分利息キャッシュバック
静岡銀行カードローンセレカの最大の特徴が最大45日分の利息のキャッシュバックを受けることができるという点です。
消費者金融では無利息期間があるのが珍しくありませんが、銀行系カードローンで無利息期間やキャッシュバックがあるのは珍しいサービスです。
静岡銀行カードローンの最高金利は14.5%ですが、100万円を14.5%で借りて、45日分のキャッシュバックを受けた場合の戻し額は100万円×14.5%÷365日×45日=17,877円です。
1年間の実質利息負担額は100万円×14.5%-17,877円=127,123円となります。
このため、実質的な金利は127,123円÷100万円×100=12.7%となっています。
金利は他の銀行系カードローンと比べて平均的ですが、利息のキャッシュバックを加味すると、静岡銀行カードローンの金利は初年度だけは他の銀行系カードローンと比較して優位な商品となっています。

・専業主婦利用可能
静岡銀行カードローンはパートやアルバイトの人はもちろん、本人に収入がなく配偶者に収入のある専業主婦(夫)も利用が可能です。
専業主婦が利用できるという点は銀行系カードローンの特徴といえば特徴ですが、取り扱いのない銀行も少なくありません。静岡銀行カードローンは20歳以上70歳未満(学生不可)という年齢基準さえ満たせば、だれでも申し込むことができます。
なお、パート・アルバイト・専業主婦の借入は50万円までと決まっており、増額もできません。

■静岡銀行カードローンセレカのメリット
静岡銀行カードローンセレカには他のカードローンと比較して以下の4つのメリットがあります。

・静岡銀行の口座を持っていなくても即日融資対応
静岡銀行カードローンセレカは最短30分で審査の回答があります。
地方銀行やネット銀行カードローンの場合には審査の回答が早くても、自動契約機がないため実際に審査通過後に融資を受けられるのは、事前に当該銀行の口座を保有している場合だけです。
口座がない場合には、口座作成後またはカードが郵送で到着するのを待たなければなりません。
静岡銀行カードローンは初回の融資に限って、他の金融機関の本人名義の口座への振込融資を行っています。
カードが郵送で到着する前でも即日融資に対応しています。
契約もインターネット上から行うことができるので、完全非対面で即日融資に対応しています。
全国から顧客を集めている静岡銀行カードローンならではのサービスであるといえます。
借入はコンビニATMなどの全国の提携ATMから行うことができますし、セブン銀行ATMは手数料無料で利用することが可能です。

・キャッシュバック
先ほど述べたように、銀行系カードローンでキャッシュバックを行っているのは非常に珍しい特徴です。
契約初年度に限って実質金利も低くなりますし、次の給料やボーナスまでという短期間の入用では、実質的に利息負担が最小限もしくは全くなくなる場合もあるため、静岡銀行のカードローンのキャッシュバック特典は他のカードローンにはない大きな特徴であるといえるでしょう。

・営業区域外でも利用可能
静岡銀行カードローンセレカは地方銀行としては日本全国からの申込に対応した珍しいカードローンであるといえます。
静岡県には同じようにネット支店に力を入れて、日本全国に融資を行っている地方銀行であるスルガ銀行があります。競争の原理も働いて、静岡銀行カードローンも日本全国からインターネットから完全非対面で融資を行っているという点も特徴です。

・300万円以下収入証明書不要
静岡銀行カードローンは300万円以下であれば収入証明書が不要となっています。
少し前までは、この特徴はそれほど珍しくなく、日本全国どの銀行系カードローンでも行っていました。
しかし、昨今、銀行系カードローンの過剰融資が社会問題化していることから、メガバンクが50万円を超える貸し付けについては収入証明書の提出を求めるなどの自主規制が強化されつつあります。
静岡銀行カードローンについてもいつ自主規制が強化され、収入証明書の提出基準が厳格化されるかはわかりませんが、今のところ300万円以内は収入証明書の提出が不要となっています。
自主規制が強化されつつある今だからこそ、この特徴は他のカードローンと比較してメリットであるといえます。

■静岡銀行カードローンセレカの注意点
静岡銀行カードローンセレカには以下の2つの注意点があります。

・返済は静岡銀行の口座のみ
静岡銀行カードローンセレカの返済は静岡銀行の口座からの自動引き落としのみとなっています。
毎月10日に利用残高に応じた定額返済額が静岡銀行インターネット支店の口座より自動引き落としとなります。
日本全国から申込可能な静岡銀行カードローンセレカですが、静岡県外の人でも静岡銀行の口座を保有しなければならないということでもあります。
この点は口座がなくても利用可能で、毎月1回の約定返済はATMからカードを使用して行うカードローンと比較して、少々手間がかかります。
なお、余裕があるときに任意の金額を返済できる随時返済はインターネットバンキングやATMから可能です。

・キャッシュバックシステムが複雑
静岡銀行カードローンセレカの特徴である最大45日間の利息のキャッシュバックですが、このシステムがかなり複雑となっています。
キャッシュバックの対象期間は最初の返済日の前日からさかのぼって契約日までの最大45日です。
静岡銀行カードローンは契約日が月末5営業日以内の場合には最初の返済日は翌々月10日となります。
例えば4月25日に契約した場合には最初の返済日は6月10日となります。
このため、4月25日から6月9日の間の45日間の利息がキャッシュバックされます。
しかし、4月24日に契約した場合には、最初の返済日は5月10日となり、4月24日から5月9日までの16日間しかキャッシュバックされないことになってしまいます。
静岡銀行カードローンセレカは誰でも45日間のキャッシュバックが受けられるわけではなく、契約日によってキャッシュバックを受けられる日数が大きく変動します。
キャッシュバックを最大限享受したいのであれば月末5営業日以内に契約を行ったほうがよいでしょう。

■静岡銀行カードローンセレカの審査
静岡銀行カードローンセレカの審査は以下の基準で行われます。

・仮審査は保証審査
銀行系カードローンには保証会社の保証が付くことが絶対条件です。
静岡銀行カードローンセレカの保証会社は静銀ディーシーカード株式会社、新生フィナンシャル株式会社となっており、仮審査は保証会社の保証が付くがどうかの審査です。
保証会社の保証さえ得られれば銀行にとってリスクはゼロとなるため、カードローン審査そのものの審査にはほぼ確実に通過できます。
仮審査では個人信用情報の照会を行い、ブラックでないかどうか、他のからの借入金の件数と金額、クレジットカードや借入金の返済状況の審査を行います。
① 事故情報:長期延滞、代位弁済、自己破産などのブラック情報がある場合には審査に通過できない
② 他社からの借入金額がすでに年収を超えている場合には審査通過は困難で、年収の半分程度の借入がある場合にも審査通過は難しくなる。
他社からの借入件数が3本以上すでにある場合には審査通過は難しくなる
③ クレジットカードや他社からの借入金の返済状況に遅れが散見される場合には審査通過は困難になる。逆に支払状況が綺麗な場合には、多少年収等の属性が悪くても審査通過の可能性が高くなる
この他、年収、勤務先、勤続年数等の申込時に申告した情報を加えて、点数化を行い、審査通過基準点以上となった場合のみ、仮審査通過となります。

・保証会社が2社あるが審査は1度しかない
静岡銀行カードローンには保証会社が静銀ディーシーカード株式会社、新生フィナンシャル株式会社の2社あります。
保証会社は2社ですが、静岡銀行カードローンの場合には2社の審査が受けられるわけではありません。
静岡銀行カードローンのように、金額ごとの金利に幅がないローンの場合には、金額ごとに保証を行う保証会社が異なるというだけです。
他のカードローンのように、同じ申込金額でA社の審査を行い、A社の審査に通過できない場合にはB社の審査を行うようなことはありませんので、注意が必要です。

・300万円以内は個人信用情報メインの審査
静岡銀行カードローンは300万円以下は収入証明書の提出が不要となっています。
300万円以内は審査の材料が個人信用情報しかないため、審査のウェイトはどうしても個人信用情報に重きを置かれます。
たとえ年収が高い人でも、300万円以下の場合には年収は審査にそれほど影響しませんので、個人信用情報に問題がある人は審査に通過できない可能性が高くなってしまいます。

・本審査は在籍確認
仮審査に通過すると、本審査に入ります。
静岡銀行カードローンの仮審査はコンピューターによる自動審査ですので、仮審査は実際には数秒で終了します。
本審査では、静岡銀行の審査担当者が申込の際に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかの実態を会社へ電話をかけて確認する在籍確認の審査となります。
在籍確認は静岡銀行名で電話を掛けることもできますし、会社へ銀行から電話があることに抵抗がある人には担当者個人名での電話とすることも可能です。
いずれの方法にせよ、会社の人にカードローンを借りようとしていることがばれる懸念はありません。
静岡銀行カードローンの審査はここまでで最短30分で終了します。
仮審査には時間はかかりませんので、審査を早く終了させるためには、在籍確認を早く終了いさせることが最も重要です。
このため会社に必ず誰か人がいる時間を指定するなど、在籍確認がスムーズに終わるように配慮することが、早く審査に通過するための条件となります。

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

 - 地方銀行のカードローン