借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

銀行フリーローン低金利一覧表

銀行でお金を借りる時のポイント

急にお金を用立てなければならない事態になったときなどに、借入れするには金利が低く安心で信頼性のある銀行でお金を借りることが良いとわかっていても「審査が厳しく通らないのでは?」とか「なるべく早く手元に必要だから審査に時間がかかる銀行は・・・」といった理由で困った時、切羽詰まった時など冷静さを欠き審査をクリアしそうな業者に手当たり次第申し込みしてしまうと申込みブラックというものがあり、それに引っかかってしまうと本来は銀行でお金を借りることが出来たのに出来なくなってしまうことがあります。急がば回れです。試してみましょう。ますシュミレーションをしてみてから申込みをします。そもそも銀行はお金を動かす(預かったお金を貸出す)ことで利益を得ています。銀行にお金を預け入れる人、銀行でお金を借りる人がいるから成り立っているのです。自動契約機とは違い、たくさんの人の出入りがあり流れています。窓口もATM網も充実していますので返済する時も利用しやすくなっています。不良債権で困っている銀行が公的資金の注入をうけるなんてこともある時代です。銀行は経済の中心的な役割を担っているからこそのことですので納得せざるを得ない話ですが、やはりそんな信頼性のある銀行でお金を借りるのが一番安心と言えます。用途が決まっている場合は金利が抑えられる用途別のローン(マイフォーム・リフォーム・マイカー・教育・レジャーなど)もありますので自分で調べるよりも窓口で詳しく聞いてみるのがよいでしょう。

 

銀行でお金を借りる際のキーポイント

個人が銀行でお金を借りる時と言えば、マンションや住宅購入、車の購入、または子供の進学に伴う資金の準備などがあげられるでしょう。銀行でお金を借りる際には、目的別に住宅ローン、マイカーローン、教育ローンがあります。目的がはっきりしている分、フリーローンと比べて、金利が低いことが特徴です。特に教育ローンは子供の進学という日常生活における優先事項という観点から、マイカーローンなどと比べても金利が低い場合が多いのです。フリーローンは資金用途が自由なうえに、連帯保証人が不要で、小口であれば無担保で借りることもできます。しかし手軽な分、金利が高くなってしまいます。総支払額に差が出てしまいますから、銀行でお金を借りる際には、目的別ローンが、借りる目的に合った適用にならないか、ぜひ確認しましょう。また、事業を行う方が銀行でお金を借りる際には、必ず返済することを書類で示す必要があります。事業計画書、決算書のほか、資金繰り表(返済計画表)が必要になります。この中の資金繰り表には資金使途、返済計画が書かれますから、資金調達の面では最も大切です。つじつまが合っているか、借りたお金を何に使うのか、会社の収益性は十分か、返済可能であるかなどを細かくチェックされます。作成に当たっては、しっかりと確認しながら作成しましょう。雨が降っているときには傘を貸してくれないなどといわれる銀行ですが、返せる目途のない会社にお金を貸していては、銀行自体が危うくなってしまいます。返済計画をしっかりとたててお金を借りることは、個人においても重要です。銀行でお金を借りるときには、その目的と返済の目途、そして返済計画をしっかりと立てることが重要なのです。

銀行でお金を借りるには厳しい審査をクリアしなくてはならない

銀行でお金を借りることができれば、低金利で借りられます。お金を貸してくれる業者は、たくさんありますね。信販会社や消費者金融等も存在しますが、その中で銀行からの借入れが、一番金利が低いと言えます。しかしながら、銀行でお金を借りるのは、審査がとても厳しいので、難しいのは事実です。しかし、審査をクリアできるなら、銀行からの借入れはお勧めです。お金が必要になることは、誰にでも考えられますね。大きな買い物をする時に、一括で支払うことができず、ローンを組みたいと思うこともあるでしょう。まず思い浮かぶのが、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンでしょうか。どれも多額の費用が必要ですね。返済期間が長い住宅ローンの場合、返済期間が30年を超える場合も珍しくありません。又、新しく家を建てる以外に、リフォームローンというものもあります。住宅ローンの返済期間が最長35年程度であるのに対し、リフォームローンは、15年位です。住宅ローンに比べると、金利は高いのですが、リフォームを考えているけど、資金が足りないという方は、ご検討下さい。又、自動車ローンや、教育ローンを利用する方もたくさんいらっしゃいます。これらも、住宅ローンと同様に審査はとても厳しく、全ての人が借りれるわけではありません。銀行でお金を借りるには、確実に返済できる人だと、判断されなくてはならないのです。困った時に、お金を貸してもらえるような、信用される人間でいたいものですね。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

↓の詳細ページへどうぞ↓

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

公開日: