借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

住信SBIネット銀行でFXを始める

   

FXの概要

FXは外国為替取引において人気が高い投資の一つとして知られていますが、外国の通貨や日本の通貨を購入や売却することによって収益を得るという仕組みのもので、通貨の価値は常に他の国との通貨との間で相対的な価値が動いており、その動く価値を利用して取引をするのがFXです。

FX取引を行うメリットの一つに24時間いつでも取引をすることができる点がありますが、基本的に取引が終わるのは土日だけとなるため、それ以外の曜日であればいつでも取引をすることができるので、中にはFXだけで収入を得て生計を立てているような人もいます。

住信SBIネット銀行でもFXのサービスの展開を行っているので、余剰資金を活用することでFX取引を進めていくことができますが、取引にかかる手数料の低さやレバレッジのコースが多いなどの理由から人気を集めています。

また、住信SBIネット銀行は日本の中でも認知度が高い銀行でもあるため、取引において不安要素が少ないのも多くのユーザーを抱えている理由の一つになっていて専用の取引画面を用いて簡単に取引することができます。

住信SBIネット銀行では他にもさまざまな投資の種類を取り揃えていますが、FXは短期的な投資に向いているため、少ない期間で効率よく資産運用したい人におすすめです。

ただし、勝ちの反対は負けであるように取引を進めていく上で収益を得ることができるだけでなく、場合によっては負けて損失を生んでしまう可能性もあるので注意する必要があります。

住信SBIネット銀行のFXの特徴

住信SBIネット銀行で提供しているFXの特徴として手数料が少ないメリットがありますが、通常の証券会社だと取引一回に対しての手数料が発生するのが普通で、取引をすればするほど余分に手数料がかかってしまいますが、住信SBIネット銀行では取引回数にかかわらず余分に手数料は不要です。

そのため、時間に余裕がある場合は一日の間で何度取引をしても余分に支払う手数料は要りませんが、スプレッドについてはそれぞれの通貨ペアによって変わるので、スプレッドを意識しながら取引を進める必要があります。

ここで言うスプレッドが証券会社の収入源にもなる部分ですが、安定性の高い通貨のペアだとスプレッドは低く設定されている一方で、安定性の低い通貨のペアになるとスプレッドは高く設定されており、これまでにFXを経験したことがない場合はできるだけスプレッドが少ないところで取引することをおすすめします。

住信SBIネット銀行は口座を開設する費用はもちろんのこと銀行であるため、入金や出金にかかる手数料も無料なので、FX口座にお金を入れて管理したとしてもお金を出す際に余計な金額は発生しません。

住信SBIネット銀行はFXの注文方法も多彩になっているので、自分の条件に合わせて柔軟な取引ができるのも魅力ですが、慣れない間はなるべく自分で指値や逆指値などを設定して損失を最低限に防ぐことができるようにリスクコントロールする必要があり、損失を防ぐのが一つのポイントになってきます。

FXで勝つ人と負ける人

これから住信SBIネット銀行のFXを始めようとする場合に、手数料が無料で利用することができることや出金や入金にかかるコストも不要という理由から積極的な取引を検討している人も多いと思いますが、リスクをきちんと理解していないと大きな損失を生んでしまう可能性があるので注意が必要です。

また、FXは性格的要素が取引結果に結びつきやすい特徴がありますが、冷静に物事を判断することができる人であれば、取引において良い結果を生みやすくなる一方で、すぐに冷静さを失ってしまう人だと損失を抱えやすくなります。

これはデモトレードを利用して取引をする場合はたくさん勝って収入を得るのに、実際の取引になると損失が出やすくなることからも分かりますが、デモトレードだと自分のお金ではないので思い切った取引ができて、実際の取引だと身銭が切られてしまうことに二の足を踏んでしまいます。

住信SBIネット銀行を利用してFX取引を進めていく場合はきちんとリスクコントロールすることはもちろん大事ですが、性格的に向いている人や向いていない人がどうしてもいるので自分に合ってないと感じる場合はリスクが低い投資信託などをおすすめします。

住信SBIネット銀行でも投資信託や債券取引などをすることができるので、FXだけに固執するのではなく自分の性格や特徴にマッチしている方法で取引を進めていくことをおすすめしますが、デモトレードなどを事前に活用するのも方法として有効です。

FXの長期投資と短期投資

住信SBIネット銀行でFXを始めようとする場合はohFXと呼ばれる専用のサービスを利用してからの開始になりますが、インターネット上に開設されているホームページの中に設置されているFXのリンクにアクセスすることによって手続きを進めていくことが可能になります。

FXのメリットとして言われているのはいつでも好きな時間に自分で指定した資金を使って外貨取引ができるという点で、日本円と他の通貨との間で揺れ動く価値を自分で予想して取引することによって収入を得ることができるだけでなく世界で見た通貨の価値を知ることで、その国の経済事情なども垣間見えてくると思います。

住信SBIネット銀行でFXをする場合は主に短期投資か長期投資になりますが、短期投資の場合だとデイトレードと呼ばれる取引が基本となり、長期投資の場合だとスワップポイントを狙った投資になります。

スワップポイントは通貨間によって異なる金利によって発生するお金のことで、通貨セットによってはプラスになることもあれば反対にマイナスになることもあるため、スワップポイントを軸に考える場合は必ずプラスになる通貨ペアを選んで取引しなければなりません。

また、急に経済が動いてしまうなどの理由から長期運用におけるスワップの収入よりも短期変動における損失が大きくなってしまうとせっかくスワップの収入が高くなっても、トータルでマイナスになってしまう計算になるので、長期運用の際は気を付ける必要があります。

FXのコツ

FXを行うことによって高い収益を得られる場合がありますが、これはレバレッジという仕組みを利用することで実現されるもので、この仕組みを利用することによって本来自分が所有している資金以上の取引をすることができるため、それだけ取引で飼った場合の利益が大きくなる仕組みです。

しかし、それだけリスクが高くなるということでもあるので、慣れない間や息長くFX取引を進めたい人からすると決してメリットばかりだとは言えない部分もありますが、住信SBIネット銀行の提供しているFXのサービスはローレバレッジによる取引が可能なので安心です。

また、住信SBIネット銀行は取引をスマホアプリで管理することができるので移動中などの空いた時間を有効に活用することでも取引をすることができて、さらには投資に関する情報を定期的に流してくれるので、その点から考えてもメリットが高いと言えるでしょう。

FXで生計を立てる人がいるくらい魅力的な投資ですが、すべての人が利益を出しているわけではなく損失をたくさん出している人も少なくないので取引をする場合は自分が勝つと過信しないようにしなければなりません。

住信SBIネット銀行は銀行が提供しているFXということもあって手数料はとても安くなっていますが、しばらくFXの取引をしてみて慣れてきたので高いレバレッジによる取引が自分には向いていると感じるようになった場合は同じところに固執するのではなく証券会社をチェンジするのも方法の一つとなります。

FXの取引手数料について

住信SBIネット銀行は証券会社ではなく銀行ですが、さまざまな投資の金融商品を用意しており投資信託や債券、外国為替取引として人気が高いFXなど証券会社に負けず劣らずの商品があり、ネット銀行という強みを活かしているため手数料も安価で取引が可能になっています。

基本的に取引そのものに手数料はかからず、完全にスプレッドのみが住信SBIネット銀行の利益となるわけですが、だからと言ってスプレッドが高く設定されているというわけではなく平均的なスプレッドなので安心して取引をすることができます。

この仕組みから何度取引を行っても手数料が別途でかかってくることはありませんが、一回の取引でスプレッドの部分で余計な費用が掛かっているということを認識する必要があります。

また、FXの取引を短期運用が可能なことが魅力的だという人も多くいますが、短期運用することによって短い時間で高額な収益を得ることもできれば、反対に損失がそれだけ多く出てしまうこともあるので取引については十分に気を付ける必要も出てきます。

住信SBIネット銀行を利用してFXをする場合はスマホアプリや無料情報の提供など取引本体だけでなくサプ的なサービスも多く提供されているので、これらのサービスを上手に活用するのも取引で勝つためのコツになります。

また、貯金と違ってリスクを伴う投資になるので常にリスクコントロールをすることと、借金をしてまで投資をしてしまわないようにする必要もあります。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

 - 金融投資いろいろ