借りパパの銀行ローン金利比較&審査まとめ/元銀行員の裏話も

借りパパ&銀行員の利子さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

イオン銀行カードローンの金利と限度額と審査基準

      2017/03/25

国内スーパー最大手のイオンが展開するイオン銀行はネット銀行の中でも最大の預金量を誇ります。
個人顧客にフォーカスしたイオン銀行のカードローンはネット銀行カードローンの中でも人気のカードローンです。
金利の低さや利便性の高さで人気のイオン銀行カードローンですが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか?

イオン銀行カードローンの特徴

14時までの申込は即日審査回答

イオン銀行のカードローンは平日14時までの申込であれば原則として即日で回答があります。
14時以降の申込であれば翌営業日に審査の回答があります。
ネット銀行のカードローンは審査に数日の時間がかかることが珍しくありません。
ネット銀子カードローンの中で審査の回答時間を明確にしているカードローンはごく少数です。
イオン銀行のカードローンは審査に回答の時間を明確にしていることから、ネット銀行の中では審査回答が早いカードローンであると言えるでしょう。

最高金利が低い

イオン銀行カードローンの金利は以下の通りです。
30万円~90万円:13.8%
100万円、200万円:8.8%
300万円:7.8%
400万円、500万円、600万円:4.8%
700万円、800万円:3.8%
イオン銀行のカードローンの最高金利は13.8%です。
メガバンクの最高金利が14.5%前後であることと比較すると、イオン銀行カードローンの最高金利である13.8%の金利はかなりの低金利であると言えるでしょう。
また、他の銀行系カードローンと異なる点として、金額ごと金利設定に幅が全くないという点です。
自分がいくらのカードローンを作成するかによって金利が決められているため、金利負担はどのくらいか、どの程度で返済を完了させることができるかをあらかじめイメージすることができます。
金利の低さに加えて商品性がシンプルであるという点もイオン銀行カードローンの特徴の1つです。

全国のイオンで借入可能

イオン銀行のカードローンは全国のイオンに設置されているイオン銀行のATMで手数料無料で利用することが出来ます。
お買い物の途中でお金が必要になった時など簡単に借入を行うことができるため便利です。
また、全国のイオンモール内にはイオン銀行の店舗も併設されています。
限度額の引き上げ手続きなど、ネット上での手続きがよくわからないような時には銀行窓口に来店して、担当者と顔を合わせての手続きを行うこともできます。
イオン銀行はネット銀行でありながら、店舗をもっているという点も特徴の1つとして挙げられるでしょう。

 

自動融資あり

イオン銀行のカードローンには自動融資機能がついています。
自動融資とはカードローンの返済用口座へ何かの引き落としがかかった時に残高が不足していた場合に、その不足額をカードローンから自動的に融資を行い、引き落としを成立させてくれるサービスです。
例えばイオン銀行の口座へ電気料金10,000円の引き落としがかかった時に、口座の残高が3,000円しかないような場合にはカードローンから不足分の7,000円の融資を自動的に行い、電気料金の引き落としを成立させてくれます。
イオン銀行の口座を公共料金などの引き落とし口座として設定しておけば、入金忘れがあっても、自動的に口座振替を成立させることができます。
ただし、知らない間にカードローンの借入残高が増えていってしまうリスクがありますので、借入残高は定期的にチェックしましょう。

 

イオン銀行カードローンで即日融資を受けるには

イオン銀行カードローンでは口座がないと即日融資ができない

イオン銀行のカードローンはイオン銀行の口座保有が必須条件です。
そのため、イオン銀行の口座を保有していない人は口座を作成してからの融資となるため、即日融資を受けることはできません。
また、カードは郵送により発行されますので、即日カード発行を受けることもできません。
イオン銀行で即日融資を受けるためには事前にイオン銀行の口座を保有していることが条件です。
イオン銀行は最短即日審査完了ですので、審査に即日で通過して契約手続きまでその日のうちに行うことができれば即日融資の可能性があります。
インターネットバンキングへログインしてカードローンからイオン銀行の普通預金口座への振込融資は24時間行っていますので、イオン銀行の口座であれば即日で融資を受けることもできます。
また、手持ちのキャッシュカードによっては、カードローン機能をキャッシュカードへ付与することができるため、新規でのカード発行なしにATMから即日キャッシングを行うことも可能です。
イオン銀行はネット銀行の中でも審査にかかる時間は短い銀行ですので、事前にイオン銀行の口座さえ作成しておけば即日融資を受けることができる可能性があります。

 

イオン銀行カードローンの審査基準

イオン銀行カードローンの商品性から考えられる審査ポイントは以下の2点です。

保証会社が2社あるが審査が2度受けられるわけではないので注意

イオン銀行カードローンには保証会社がイオンクレジットサービスとオリックスクレジットの2社あります。
保証会社が2社というと、一見して1つのカードローンで2つの保証会社の審査を受けることができると考えがちですが、イオン銀行は2社の審査を受けることができるわけではありません。
イオン銀行のカードローンは金額ごとに設定された金利が1つしかありません。
カードローンによっては12.0%~18.0%というように、金利に幅がある商品がありますが、これはリスクの高い顧客は保証料の高いA社、リスクの低い顧客は保証料の低いB社と保証会社を使い分けています。
カードローンによって同じ金額でも金利に幅があるのは、実は保証料の幅なのです。
しかし、イオン銀行のカードローンは金利の幅が全くありません。
イオン銀行のカードローンは同じ金額に申込んで2つの保証会社の審査にかけるわけではなく、○○万円まではイオンクレジットサービス保証、■■万円以上オリックスクレジット保証というように、金額ごとに保証会社が異なるだけであると考えられます。
保証会社が2社存在するからと言って、審査に通過しやすいわけではありませんので注意しましょう。

当サイトで人気のあるカードローン

安心のメガバンク!三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

 - メガバンク&ネット銀行カードローン