貯めパパ!カードローン借入返済で貯蓄を始める&初めての資産運用

ブログ借りパパから貯めパパへ。40代投資初心者が資産運用で貯蓄&銀行とフィンテック活用ブログ。ローン金利比較から投資信託・ファンドの資産運用まで。利回り3%クラブ

*

銀行からお金を借りる使途。個人向け融資と事業資金融資

   

個人で借りる

お金を借りる際に、まず思い浮かぶのが銀行だと思います。銀行といっても、都市銀行から信用金庫まであるのですが、特徴は、貸し出し業務だけをしているノンバンク(消費者金融など)とは異なり、預金業務も行っているということです。経営基盤もしっかりしていますので、安心して借入れができるとともに、低金利なことも有利な点です。

個人でお金を借りる場合には、銀行のクレジットカードを利用して、ショッピングをすることやキャッシングをすることはもちろん、大金のかかる住宅ローンやマイカーローンを利用する場合が多いと思います。個人でお金を借りる際には、銀行としてもしっかり返済をしてもらわなければならないので、しっかりと審査をします。

審査内容は、ご自身の収入や勤め先、勤続年数や家族構成、他のローンの有無などです。また、過去のローンの借入れ状況や返済状況なども信用情報機関と呼ばれる、すべての金融取引の記録がある機関に確認することになりますので、万が一キャッシングなどで返済遅延などをおこしている場合には、お金を借りることが難しくなります。

銀行は審査にはとても厳格で、時間もかかります。いくら銀行といえども、しっかり返済することは必要です。毎月の返済遅延などが起きないように、借りすぎるようなことを避けるようにすべきだと思います。不景気といわれている現在では、いつリストラの対象とされてしまうかわかりませんし、ボーナスがカットされるなどのリスクもあります。

 

事業資金

事業を運営するためには、常日頃の業務が円滑にできるように、運転資金が必要になりますし、業務を拡大するような場合には、工場を建てたり、新たな設備を導入するなど、設備資金が必要になります。特に経営基盤がぜい弱な中小企業や個人事業主の方は、お金を銀行から融資してもらい、業績を良くするパターンがほとんどです。

もちろん、ご自身の貯蓄でなんとかなれば良いのですが、事業を興すとなると、とても自己資金では賄えないことが多いのです。

また、これから創業しようとしている人は開業資金としてのお金も必要になります。大抵の場合、事業資金については、政府系金融機関である日本政策金融公庫などから低金利で長期の借入れを受けることになりますが、資金の利用使途がはっきりしていませんと、借り入れることはできません。

融資をしたら、どの程度の業績アップにつながるのかという、事業計画書を提出する必要もあります。利益はあっても、キャッシュが足らなくなり、いわゆる黒字倒産になるようなケースも考えられますので、キャッシュフローの流れについても、しっかりと計画を立てる必要があるのです。

銀行は業績の良い会社には自ら融資をしたいと考えています。当然です。金利収入が増えるのですから・・。でも、中小企業や個人事業主に対しては、確実な利益があるとは限りませんので、かなり厳しい審査となります。時間も当然かかります。ただ、日本政策金融公庫は、中小企業の味方です。事業資金で困ったら、まずは日本政策金融公庫の制度融資などを利用することをおススメします。

 

銀行借入れのポイント

銀行から借入れる際には、返済がしっかりできることが、最も大切なポイントになります。銀行からの借入れの場合には、基本的に担保を提供したり、保証人が必要になります。ですから、担保物件として提供できるような資産や、裕福な保証人がいることが良いということになります。

担保や保証人を要求するのは、万が一返済ができなくなった場合の、お金の回収方法という位置づけになります。もし、返済ができなくなった場合には、担保を差し出すことや、保証人が返済をしなければならないことになります。

そして、それでも返済ができなければ民事再生で自己破産の手続きをしなければならないことにもなりかねませんので、無理な借金は控えるべきです。そして、借入れの際のポイントは金利の要素が大きいです。金利が低ければ総返済額も少なくて済むのですが、金利が高ければ毎月の返済分のうち、金利分が高くなってしまうのです。

住宅ローンで、元利均等返済方式などを選択しますと、最初のうちは元本が多いので、返済額も増えてしまいます。逆に元金均等方式ですと、元本の返済分は一定ですので、毎月返済額が固定されることにより、返済の計画も立てやすくなります。また変動金利を適用する場合や固定金利を適用する場合もあります。

ですから、融資を受ける場合には、金利と返済方法、そして無理のない返済ができるように、しっかり検討する必要があります。そして、なるべく早く元本を減らすために、お金に少しでも余裕のある場合には繰り上げ返済をするように心がけましょう。

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

 - 銀行借入個人向けローン融資の審査や金利