借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

どの銀行から借入れができるか。メガバンク、地銀、信用金庫

   

政府系金融機関

銀行は大きく分けますと、政府系金融機関と民間の銀行にわけられます。事業用の借入れの場合には、政府系の日本政策金融公庫からお金を融通してもらうことが、最も良いと思います。

国の政策として、中小企業や個人事業主の支援や創業を促したいという思いがあるので、安い政策金利でお金を借りることができるのです。

返済期間なども優遇されている場合がありますし、制度融資というものがあり、例えば、自然災害などで事業が立ち行かなくなったり、取引先の倒産により、資金回収ができないような場合には、特別に融資をしてもらえるのです。

日本政策金融公庫のホームページを見るとわかりますが、かなりたくさんの制度融資があります。条件としては、例えば商工会議所などの指導を数年受けていることが条件というような場合もありますが、中小企業や個人事業主にはとてもやさしい金融機関と言えます。

しかし、審査は厳格です。お金を融資するまでには、必要な書類がたくさん必要になりますし、事業計画書やキャッシュフロー計画書などをしっかり立案しなければなりません。また、経営者が万が一亡くなってしまうような場合には、団体信用保険という制度もあり、それに加入することも必要になります。

経営者=会社の持ち主という位置づけですので、基本的には会社の代表者は保証人にならなければなりませんし、信用が薄ければ担保を設定しなければなりません。

メガバンク

以前都市銀行と呼ばれていた銀行は、今はメガバンクとも言われており、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などが相当します。銀行の規模がとても大きく、取引先は大手企業が多いのが特徴です。

中小企業の場合は都市銀行から融資を受けることは、あまり適していないと思います。非常に審査に時間がかかることや、都市銀行は将来の確実な収益性を求めるからです。普通に個人事業主が融資の申し込みをしてもほとんどの場合は、融資を受けられないことが多いと思います。

しかし、都市銀行も最近では融資金額を増やして、利益を確保しなければなりませんので、中小企業向けには融資を行う傾向にあります。大企業は自己資金も多いですし、社債の発行をしたり、増資をする直接金融でお金を調達していますので、都市銀行からあえてお金を借りる必要も薄れているのかもしれません。ピンとこないのですが、都市銀行は、大企業に対して融資をするお願いをしているような状態です。

しっかりと金利収入を得られる信頼のおける大企業にはそういった営業活動をするのです。預金金利は雀の涙ほどしかないのに、しっかり融資をして金利収入を得ている都市銀行には辟易とします(私見ですが)。

ビジネスローンといい中小企業に対しても融資をするケースは増えてはいるものの、融資の回収ができないようなケースもあり、余程の成長性がない限りは、中小企業に対しては融資をしなので、やはり、中小企業や個人事業主の方は、都市銀行などに融資をお願いすべきではないです。時間のムダになります。

 

地方銀行

各都道府県には、地方銀行と呼ばれる地域に根差した銀行があります。都市銀行は規模が大きく全国でサービスを展開しているのに対して、地方銀行はその都市の中小企業や個人の利用者に対して、融資や預金サービスをしています。

都市銀行といえども、過疎地域などに支店を設けることは少ないので、それを補うような形での存在だと理解すればよろしいと思います。そして、地銀はその地域の状態を良く理解していますし、その地域の財界や政界とのつながりも深いです。

したがって、地方の会社などへの融資などに関しては、融資が必要な場合には、お金が必要な状況を理解していますので、借りやすい場合があります。都市銀行に融資を断られても、地方銀行であれば、融資をしてくれることもあるのです。そして、預金なども地方銀行にしていれば、郊外や過疎地域などの人でもATMが設置されていますので、利便性も高いです。

キャッシュカードなども地方銀行で作れば、必要な時にキャッシングなどのサービスを享受することができます。ただし、融資金額が多いような場合には、地方銀行ではカバーできないこともありますので、都市銀行を利用せざるを得ないことになってしまいます。

ですから、地方銀行を利用される場合には、銀行所在地にいることが多い人や、銀行とのパイプをより強くしたい方、リアル店舗でのサービスを利用したい人がよろしいと思います。大手の地方銀行で言いますと、横浜銀行や福岡銀行、静岡銀行などが相当します。

 

信用金庫

信用金庫は、地方銀行以上に地域に密着した金融機関で、預金を地域の中小企業に融資することなどを通じて、地域に貢献しています。融資金額はそんなに多くないですが、小口の融資などについては、さまざまな方が利用することができます。

もちろん住宅ローンやその他のさまざまなローン商品を提供しており、個人の資金ニーズにも応えています。融資は、一般融資と呼ばれる、中小企業の資金ニーズに応じて、長期短期の資金の融資をしています。また、制度融資といい、信用金庫と地方公共団体、信用保証協会が協調して融資をします。

また信用金庫が代理となり、政府資金の長期融資を行う代理貸し付けなどがあります。個人向けには、住宅ローンで固定金利や変動金利など返済方法などについても相談に乗ってくれますし、マイカーローンでは自動車の購入資金のみでなく、車検や保険費用などに対するローンを提供します。

そして、教育ローンです。お子さんの入学金や授業料など子供の教育資金の融資もあります。そして、フリーローンやカードローンのサービスも提供しています。信用金庫の会員になるためには、中小企業の場合ですと従業員が300人以下、もしくは資本金が9億円以下で、信用金庫の営業エリアに立地している企業に限定されます。

そして、個人は信用金庫の営業エリアに居住しているか、勤務している人が対象になります。町の気軽な金融機関という位置づけですので、お金に困った際には、顧客の立場にたって、相談にのってくれる存在です。

 

インターネットバンキング

ネットバンキングは、インターネットを利用して銀行取引を行うことを言います。インターネットでできることは、残高照会や入出金明細の照会、振り込みや振り替え、定期預金・外貨預金・投資信託の預け入れや解約です。

今ではほとんどの銀行がインターネットバンキングのサービスを提供しており、都市銀行や地方銀行などはもちろんのこと、銀行のネット支店という位置づけでインターネットバンク支店を設けているケースもあります。

また、ジャパンネット銀行やソニー銀行、楽天銀行などのように、店舗がなくインターネットで取引をする専業のインターネットバンキングもあります。メリットの最たるものは、窓口やATMまで足を運ばなくとも取引ができることです。通帳記帳な度をする時間があまりない方や、引き落としの予定がある場合に、残高がしっかり足りているか、また入金されるべきものが入金されているか?などをご自宅にいながら確認をすることができるのです。

そして、手数料が安いことも大きなメリットの一つです。融資などの申込みについても、インターネットで申込みができますので、とても便利な存在です。

逆にデメリットもあります。これは、万が一IDやパスワードを忘れてしまった際には手続が厄介なことです。(普通の店舗でも同様ですが・・)また、ネットですから、個人情報が漏れて、悪用されてしまう可能性があることです。そのため利用する際には、ウィルスソフトをしっかり利用することや、不審なサイトなどにアクセスしないこと、パスワードを生年月日などにしないようにすることが大切です。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

↓の詳細ページへどうぞ↓

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

 - 銀行ローン個人向け融資の審査や金利