貯めパパ!カードローン借入返済から老後資金の貯め方と不動産投資

老後資金の貯蓄に40代から不動産投資と安全な資産運用を始めたブログです。カードローン借入返済、銀行とフィンテック活用、インデックス投資・ファンド利回り3%狙い。

*

広島銀行フリーローン

   

使い方も返済も自由な広島銀行フリーローン

フリーローンの種類

広島銀行フリーローンは使い道が自由に加え、ニーズによって2つのタイプから選べるようになっています。2つのタイプというのは、「カード型」と「分割返済型」です。カード型は、必要な時に必要なだけATMなどから借入したり返済できるもので、「分割返済型」は最初に一括で借入して、分割で返済していくものです。通常、フリーローンと言えば分割返済型のみのところが多いのですが、広島銀行フリーローンはこのような2つのタイプから選べます。

3つのフリーローンを用意

広島銀行フリーローンには、「マイライフプラス」、「マイライフプラスルティアラ」、「ハローローンワイド」があります。マイライフプラスとマイライフプラスルティアラは、働く人向けのフリーローンで、年齢が満20歳以上満65歳以下(カード型は満57歳以下)で年収が税込み200万円以上あることが条件となっています。ハローローンワイドについては、満20歳以上満65歳未満で安定した収入があれば良いので、年収が200万円に満たない人でも申し込みは可能です。主婦やアルバイトの人でもOKです。どのローンも借入額は10万円以上、300万円以内ですが、カード型の場合は500万円以内まで借入ができます。金利は変動金利型と固定金利型があり、どの金利が適用されるかは審査によって決定されます。

マイライフプラスとマイライフプラスルティアラは、変動金利の場合カード型が3.475%から13.975%、分割返済型が3.3%から13.3%、固定金利は8.0%です。ハローローンワイドはカード型、分割返済型共に固定金利で12.0%から14.6%となっています。マイライフプラスとマイライフプラスルティアラは、年収200万円以上という条件があるため、その分金利がお得になっています。しかし、ハローローンワイドにしても、消費者金融などから比べると金利はかなりお得となっています。カード型、分割返済型それぞれの特徴を理解して、自分はどちらが合っているかを見極めてから決めるようにしましょう。

原爆被災を乗り越えて

広島銀行の歴史は古く、明治11年に第六十六国立銀行が尾道市に設立されたのが始まりです。広島県内に最初の銀行として創業しました。翌年の明治12年には第百四十六国立銀行が広島市に設立され、大正9年には広島県内の7銀行による大合同で藝備銀行が設立されました。昭和20年の5月、株式会社藝備銀行が新たに設立されます。同じ年の8月に原爆の被災に遭います。本支店の11行が全半焼し、行員も144名亡くなってしまいました。

そんな中、原爆投下の2日後から日銀の営業室を借り、営業を再開したのです。ほとんどのお客さまは印鑑も通帳もありませんでしたが、行員の記憶に頼り、便宜を図って支払いを行ったりしました。臨機応変な対応でしたが、その後大きな混乱もなく、広島銀行の信用は保たれたのです。昭和25年、廣島銀行へ行名を変更、昭和46年には東京、大阪証券取引所一部上場をしました。昭和63年、創業110周年にあたる年に広島銀行へ行名を変更し、現在に至ります。これからも地域社会と強い信頼関係で結ばれた銀行にしていくのを目標としています。

 

フリーローンで中古車を購入

フリーローンで中古車を購入した方がいます。
やっぱりフリーローンの用途で一番多いのは車でしょうか?
私の周りではあまりフリーローンで車を購入したって方はいなかったんですが、最近中古車を購入した方がいます。
35歳の男性なんですが、最近子供ができたらしく車がないとやっぱり不便だってことで中古車を購入したようです。
まあ~車があるとないとでは全然違うでしょうからね。
子供ができてこれからお金もたくさんいるでしょうけど、奮発したようです。
子供のためにもフリーローンのためにもこれから仕事をバリバリがんばらなきゃいけませんね。

当サイトの人気カードローン<特集>

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

低金利カードローン・ランキング!

 - 銀行のフリーローン