借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

伊予銀行フリーローン

   

困った時に伊予銀行フリーローン

比較的金利が安いフリーローン

伊予銀行フリーローンは、どなたでも申し込みができる「フリーローン」と、住宅ローンを利用中の方のみ利用できる「住宅応援フリーローン」があります。どなたでも申し込みができるフリーローンは、満20歳以上、満65歳未満の人で、保証会社の保証が得られる人の2点が条件です。アルバイトや主婦の方でも申し込みはできますが、専業主婦の人は30万円までの融資となります。条件の中にはありませんが、安定した収入がないと申し込みできません。借入額は10万円から500万円以内で1万円単位で借りられます。500万円の範囲内であれば、追加融資も可能な場合があるので、その際は追加融資を申し込めばOKです。返済期間は半年以上10年以内となっていて、1か月単位で自由に決められます。金利は年4.0%から10.0%の間で、審査により決められます。

住宅ローン利用者のための「住宅応援フリーローン」

住宅ローンを利用中の方のみ利用できる「住宅応援フリーローン」は、伊予銀行の住宅ローンを利用している人、もしくは他行の住宅ローンを利用している人がお得な金利で使い道自由なお金を借りられるというものです。申し込みの条件は、「フリーローン」の条件にプラスして住宅ローンを利用中であることと、住宅ローンに延滞がないことが加わります。金利は伊予銀行の住宅ローン利用中の方は年3.5%、他行のローン利用中の方は年4.5%です。他のローンよりはかなりお得に設定されています。急にお金が必要になって借りなければならなくなった時、伊予銀行フリーローンなら条件によってかなり安い金利で借りられますのでおすすめです。なお、一般の「フリーローン」なら申込金額が300万円以下なら所得確認資料は必要ありませんが、「住宅応援フリーローン」では所得確認資料や場合によっては住宅ローンの返済明細表が必要となります。

女性が輝ける職場作りを目指す

伊予銀行は明治11年設立ですが、このときは前身の第二十九国立銀行、第五十二国立銀行でした。明治29年、今治商業銀行が設立されましたが、これも伊予銀行の前身となります。昭和9年、八幡浜商業、第二十九、大洲銀行が合併して豫州銀行が設立されました。そして昭和12年、仲田銀行と第五十二が合併し松山五十二銀行となりました。その4年後の昭和16年、今治商業、豫州、松山五十二銀行が合併して伊豫合同銀行となります。昭和19年には伊豫相互貯蓄銀行を合併、昭和26年に伊豫銀行と改称します。

今の伊予銀行という字体になったのは、平成2年です。伊予銀行は、ふるさとの総合金融機関として人々の事業や暮らしに潤いをつくりだすよう、最適のサービスで信頼に応えようと努力しています。また、伊予銀行では女性活躍推進宣言をし、女性管理職率10%超、女性の平均勤続年数10年超を達成するよう、職場の環境作りに取り組んでいます。女性が輝ける職場というのは、男性にとっても働きやすい職場と言え、伊予銀行が目指す形なのです。職場の半数以上が女性ですから、女性がやりがいを感じて生き生きと働けると感じてくれたらきっと良い方向へ向かっていきます。

 

フリーローンで米国公認会計士取得

フリーローンで米国公認会計士の資格を取得しようとしている方がいます。
28歳の男性ですが、米国公認会計士になりたいよう。
なんだか最近、日本でも試験が始まったらしいですね。
ただ、無茶苦茶難しいらしい。
まあそりゃそうか。
予備校のDVD講座を受講しているらしいですが、DVDは100枚くらいあるみたいですね。
100枚ってすごいですよね・・・
テキストと合わせると結構でかいダンボールにも入らないくらいの量があるようです。
ただ取得できれば活躍の場は世界に広がりますからね。
取得までの過程は厳しくても目指す価値はあるでしょう。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

 - 銀行のフリーローン