借りパパの<銀行ローン金利比較&審査まとめ>銀行活用で貯蓄も

借りパパ&銀行員さんによる銀行融資と住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで

*

フリーローンとは?目的別ローンとカードローンとの違いは?個人向け銀行融資を比較

      2016/12/10

銀行には様々なローンがありますが、フリーローン・多目的ローン、目的別ローン、カードローンは同じような印象で、その違いをご存知ない人も少なくないようです。

今回は使い道自由なローンであるカードローン、フリーローン、目的別ローンの違いをご説明します。
※多目的ローンは、みずほ銀行が代表的なのですが、フリーローンの商品名として使われるケースがほとんどですので、多目的ローン=フリーローンという意味合いで見てください。

証書貸付と当座貸越

フリーローンとカードローンの違いを知る前段階として理解して欲しいことが、個人が借りるローンの貸し付け方式には証書貸付と当座貸越があるということです。

証書貸付とは

証書貸付とは、借りる際に「いつまでに」「いくらずつ」「どのように」返済するのかを決めて、借りたい金額を一括で借入れる方法で、借入の基本的な契約方法です。
いつまでにとは最終期日がいつかということです。
毎月いくらずつ返済していくのかを決めて、毎月返済だけで返済していくのか、ボーナス返済を併用するのかなどを事前に決めてしまいます。
期日やボーナス返済を使用するかどうかで毎月の返済額を算出することができます。
いつまでに返済が終了するということが分かっており、最初にお金を借りた後には返済を行っていくだけになります。

当座貸越とは

当座貸越とは最初に「いくらまで借りることができる」という枠を作成します。
この枠のことを極度枠と呼びます。
極度枠作成後はお金が必要な時に極度枠の限度額内に自由にお金を借りることができます。
借入とは本来は証書貸付が基本ですが、ローンには審査が必ずあり、審査には多少なりとも時間がかかります。
会社経営などで急にお金が必要になった時に、融資に申込んで審査を待っていたら急な資金繰りに対応できません。
そこで登場したのが当座貸越です。
当座貸越は事前に審査が終わっているため、あらかじめ極度枠を作成しておけば急にお金が必要になった際にも安心です。
当座貸越はこのように会社や個人事業主などへの運転資金を融資するために登場した商品です。

融資は証書貸付が基本

融資の基本は証書貸付です。
そのため、住宅ローンも自動車ローンもフリーローンも目的別ローンもすべて証書貸付です。
融資に必要な金額を一括で融資して、契約通りに最終期日まで返済を行います。
銀行からすると、契約段階で収入の範囲内で無理のない返済計画を立てることができるため、リスクは比較的少ないと考えることができます。

カードローンだけが当座貸越

個人向けのローンの中ではカードローンだけが当座貸越です。
当座貸越は会社や個人事業主の運転資金向けに登場した商品でしたが、この当座貸越にローンカードを発行し極度枠限度額の範囲内でカードを使用してATMから自由にお金を引きだせるようにしたのがカードローンです。
当座貸越は本来銀行の窓口へ赴き払い戻し請求書を記入することでお金を引き出すものでしたが、窓口専用であると、銀行窓口の営業時間内しかお金を借りることができない、窓口へお金を借りに行くことに抵抗があるなどと言った不都合があり、その不都合を解決したのが、ローンカードでATMからお金を引き出すという方法です。
銀行からすると、毎月返済を行っても極度枠の残額範囲内で自由にお金を借りることができてしまうため(実際に返済日が終わると空いた枠を使用してお金をまた借りるという人はかなりいます)いつまでたっても残高が減っていかないこと、また、証書貸付のように最終期日が確定していないことから証書貸付に比べてリスクが高い商品であると言えます。

 

カードローンの特徴

カードローンの特徴は以下の通りです。

好きな時に自由に引き出せる

証書貸付は融資を受けたお金が借入れ時に一括で融資されることに対して、カードローンは極度枠の限度額の範囲内でいつでも自由にお金を引き出すことができます。
必要な時に必要が金額だけお金を引き出すことができる点がカードローンが他のローンと比べて最大の特徴です。

使い道自由

カードローンは事業資金以外であれば何に使っても自由です。
そもそもカードローンは一度契約を行い、カードを発行してしまえば何に使ったのか銀行は把握できません。
「いつでも必要な時に」「いくらでも」「何に使っても」自由であるというのがカードローンの売りと言えるでしょう。

返済期限が決まっていない

カードローンの契約は1年~3年程度と決まっています。
しかし、基本的に返済状況に問題がない限りは自動更新されるため、実質的に返済期限は無期限であると考えた方がよいでしょう。
また、カードローンに設定された最低返済額は利息プラス少しの元金に設定されているため、毎月の約定返済額は返済というよりも利息の支払いという意味合いの方が強いでしょう。
ただし、実質的にカードローンが無期限であると言っても永遠に無期限であるわけではありません。
カードローンは更新できる年齢が決められているため、その年齢になったら原則的に一括でカードローンの残金全部を返済しなければならないため注意しましょう。

 

フリーローンの特徴

フリーローンの特徴は以下の通りです。

証書貸付であるため一括

フリーローンは証書貸付であるため、融資の際に契約金額が一括で振り込まれるのがカードローンとの違いです。

返済期日が決まっている

証書貸付であるため、返済期日が決まっています。
カードローンが実質無期限であることに比べて、返済期日が決まっていることが証書貸付との最大の違いです。
また、フリーローンには返済期間が最大5年~10年程度となっているため、ほぼ確実にカードローンの最低返済額よりも毎月の返済額は高くなります。

使い道は自由

フリーローンとカードローンは使い道が事業資金以外は完全に自由です。
フリーローンとカードローンは使い道を一応申込書に記入しなければなりませんが、見積もりや実際の融資金を申告した使い道に使用したかどうかを確認する資料の提出を求められることはありません。
筆者の銀行員時代はフリーローン申込書の資金使途欄に『未定』と記入して審査に通過して融資を行ったという経験があります
審査の際には使い道はほとんど影響しません。

 

目的別ローンの特徴

目的別ローンの特徴は以下の通りです。

証書貸付のため一括貸付で領収書や振込が融資の条件

目的別ローンは証書貸付です。
証書貸付であるため、融資金は一括振込です。
目的別ローンは融資金を申込時に記載した資金使途にだけしか使用することができないため、融資金を本当に申告した使い道通りに使用したかを確認しなければなりません。
融資金を当該企業の口座へ振り込むか、領収書の提出を求められるのが一般的です。
フリーローンとの最大の違いは申告した使い道に使ったかどうかのエビデンスを求められるという点です。

返済期日が決まっている

目的別ローンは証書貸付であるため返済期日が決まっています。
最終期日と借入れ金額によって毎月返済額が決まるため、目的別ローンは無理のない返済計画を立てることができます。
こちらもフリーローンと同じように期限は5年~10年程度ですので、毎月返済額はカードローンよりも高くなります。

申し込んだときに申告した使い道にしかお金が使えない

目的別ローンは何に使っても自由ですが、申し込んだときに申告した使い道にしかお金を使うことができません。
フリーローンとの唯一の違いがこの点で、使い道に関しても銀行がよいと認めたものしか審査に通過することはできません。
銀行によっては、この目的別フリーローンで教育資金に限定したものが「教育ローン」、結婚資金に限定したものが「ブライダルローン」、おまとめ専用としたものが「おまとめローン」としているところもあります。

金利が他の商品よりも低い

目的別ローンは申告した際の目的のみにしかお金を使うことができません。
そのため、何か物を購入するにしろ、結婚資金にしろ、教育資金にしろ、対価となるものが残ることになります。
住宅ローンや自動車ローンと同じように目的別ローンも使い道が限定されるため、このような商品は金利が低い傾向にあります。

 

リスクが低い商品ほど金利が低い

カードローンとフリーローンと目的別ローン3つの借入れを比較するにあたって銀行にとってのリスクを比較することが重要です。

期限が決まっているものはリスクが低い

当座貸越であるカードローンは実質的には無期限にお金を借りることができます。
一方、証書貸付であるフリーローンや目的別ローンは契約時に決めた期日に返済が終了します。
期日が決まっている証書貸付は返済計画が立てやすいため、契約時に無理のない返済額を決定することができます。
当座貸越は期日が決まってないうえに、空いた枠を利用して再び借入れを行うことができるため、いつまでに返済が終わるかの計画が立ちません。
銀行とすれば、無制限に利息を受け取ることができるため収益が上がるのはカードローンですが、その反面、しっかりと返済が終わるかどうかが不確定であるとも言えます。
このように、期限の決まっていないカードローンは証書貸付であるフリーローンや目的別ローンと比べてリスクが高く、金利が高くなる傾向にあります。

使い道が決まっているものほどリスクが低い

お金を借りて何かの対価を受け取った場合には対価となったものに愛着がわくため、使い道が決まっている目的別ローンの返済を真面目に行う傾向にあります。
一方、フリーローンやカードローンは一度融資を受ければ何に使っても自由です。
特にカードローンは限度額の範囲内で数万円ずつ引き出していくものであるため対価となっているものが何もない可能性すらあります。
このように返済を真面目に行う可能性が高いものとしては
目的別ローン > フリーローン > カードローン
このようなイメージとなり、使い道が完全自由で対価となるものが何も残らない可能性が最も高いカードローンはリスクが高くなり金利は目的別ローン、フリーローンと比べて高くなる傾向があります。

貸付形式 最終返済期日 使い道 資金使途確認資料 金利
カードローン 当座貸越 未確定 自由 不要 高い
フリーローン 証書貸付 確定 自由 不要 中ほど
目的別ローン 証書貸付 確定 自由 必要 低め

 

まとめ

カードローンの特徴はいつでも自由に限度額の範囲内でお金を引き出すことができ、期日が実質的には無期限であるという点です。
フリーローンと目的別ローンは何に使っても自由で、返済期限が契約時に決まっている点は同じですが、目的別ローンは見積もりや領収書の提出をしなければならず、その上銀行がよいと認めた使い道にしかお金を使うことができないという点がフリーローンとの違いです。
リスクはカードローンが最も高くその次にフリーローンと目的別ローンの順に高くなり、リスクと金利は比例するため、カードローンが最も利息が高くなります。

当サイトで人気のあるカードローン

低金利カードローン・ランキング!

↓の詳細ページへどうぞ↓

消費者金融系なのに上限金利に魅力あり

※画像バナーをクリックで公式ページへ

プレミアムコースの最低金利が圧倒的!

※画像バナーをクリックで公式ページへ

 - 銀行のフリーローン