教えて利子さん!銀行融資・銀行ローン比較⇒安い金利でお金を借りる

貯めパパ&利子さんの 住信SBIネット銀行ほかネットバンク活用方法。ローン金利比較から投資信託ファンドの資産運用まで/まとめ

*

フリーローン低金利1番はどこ?銀行融資と消費者金融

最低金利の低い順番の一覧表をすぐに見たい方は、
こちらをクリックで特集へ

こんにちは、当サイト運営者の”貯めパパ”です。借金はできればしたくないものですよね。でも緊急の支払いがあったりで必要に迫られて借金やローンを組むことがあると思います。そんな方のために低金利のフリーローン・カードローンに注目して調べてみました。

その他、審査時に必要になる収入証明書や在籍確認の電話のことなども、消費者金融と銀行に勤務経験のある”利子さん(リコさん)”に教えてもらいながら、協力してこのサイトを作っています。お役に立てると幸いです^^

身近になってきた銀行のフリーローン

銀行融資と聞くとやや敷居が高いように感じますが、最近では以前よりも身近になり、借りやすくなっています。もともと銀行系の融資は、審査は消費者系に比べれば厳しめですが、金利の面ではとても有利な選択肢なのです。

一般的に銀行での融資は住宅ローンや教育ローンなどその使い道が決まっているローンもありますが、銀行のフリーローンは使い道は自由なのでとても便利なローンです。そのうえ金利に関してもやはり他の消費者系と比べるととても低く、借りられる限度額も他よりも高く設定されているところが多いです。そのため他で高金利で借りたいくつかのローンをひとまとめにして1本化することもできます。また銀行のローンは年収の3分の1までという総量規制の対象外ですのでそういった面でも活用しやすいでしょう。

最近ではインターネットなどで簡単に申し込みができますし、審査も比較的早く済むようになりました。銀行フリーローンは無担保で保証人も要りませんし金利の低めなので、他でのローンを考える前に安定した収入があるならまず検討してみるのもよいでしょう。

最低金利の低い順番の一覧表

金利 年 ローン名 限度額
1.89 % ~ 7.99 % 住信SBIネット銀行
カードローン/プレミアム
10万円~1000万円
2.3 %~17.4 %
AUユーザーにメリット
じぶん銀行カードローン 10万円~800万円
3.0 % ~ 7.0 % みずほ銀行カードローン
エグゼクティブプラン
最大限度額
1,000万円
3.0% ~ 17.8% オリックス銀行
カードローン
最高800万円
3.0% ~ 18.0% モビット 1万円~800万円
3.0% ~ 18.0% アコム 1万円~800万円
3.5 % ~ 9.8 % 三井住友カード
ゴールドローン
10万円~500万円
3.5% ~ 14.0% みずほ銀行カードローン
コンフォートプラン
最大限度額
1,000万円
4.5% ~ 17.8% SMBCコンシューマー
ファイナンス(プロミス)
1万円~500万円
4.5% ~ 18.0% 新生銀行レイク 1万円~500万円
4.5% ~ 18.0% アイフル 1,000円~500万円
4.6% ~ 14.6% 三菱東京UFJ銀行
カードローン
1万円~500万円
4.9% ~ 14.5% 楽天銀行スーパーローン 1万円~500万円
6.47%~15.0% セゾンのカードローン 1万円~300万円
8.49 % ~ 14.29 % 住信SBIネット銀行カード
ローンスタンダード
10万円~300万円
9.5% ~ 18.0% ノーローン 1万円~300万円
上限18.0% セディナカードローン 1万円~200万円

銀行のフリーローンの審査時間について

いままで実際に銀行から融資を受けるためには、非常に時間がかかるという印象がありました。
実際に、審査時間については1週間くらいかかるものも存在しています。

しかし、最近ではその印象もだいぶ変化をしています。
簡単に審査をしてくれる銀行が多くなってきました。
ですので、中には即日融資にも対応しているところがちらほらとではじめてきているわけです。

そこで注目していただきたいのが、銀行融資としての銀行のフリーローンです。
フリーローンは特に審査が早いです。
その日のうちに審査が終わることが一般的です。
もちろん、審査の申し込みをする時間帯にもよりますが、
それだけ早く審査をしてくれる業者も多く存在しているというわけです。

銀行の審査についてですが、
フリーローンの場合は最近では60分もかからない事が一般的です。
中には、40分程度で審査が終わるような例も出てきています。
それだけ審査時間がかからずに、すぐにキャッシングが利用できるようになるわけなので、
これからは銀行の融資も注目されるべきです。

いままでは審査が早いと言えば消費者金融でしたが、
そのような流れから少しずつ変化が出てきているのかもしれません。

与信は銀行ローンの重要ポイント

銀行からお金を借りることを銀行ローンをするといいます。銀行ローンをするということは実際にどういったことなのでしょうか。銀行というものは与信審査がとても厳しいものです。銀行ローンをする場合、あなたがどういった職業についているかということが重要なポイントになってきます。まず銀行が信用一番におくのが個人ローンの場合、一番与信が高いとされる職業は公務員ででしょう。なぜなら公務員は余程の事がない限り民間企業のようにリストラに合う事もなく、給料の削減も民間とは比較にならないもので国がどんなに赤字国債を発行しようがボーナスがでなかったと言うことは殆どないでしょう。それに民間ん企業とは比較がならないくらい退職金がでます。こういった銀行ローンの返済に問題がない職業と判断されると銀行ローンの与信はぐっとあがります。銀行の融資係が県庁や市役所を重点的にまわる担当者がいるのも納得できます。銀行がローンとして貸し出すお金は預金者から預かった資金であり、預金者が引き出したいと申し出た場合、一定の金利をつけて引き出しに応じる義務があります。そういう事を考えれば貸し倒れの少ないところに貸し出すというのも当然なのかもしれません。しかし銀行の与信の重要ポイントは職業だけなのでしょうか。それは違います。職業と同じくらい勤続年数も与信の上で重要ポイントとして考慮されます。一流といわれる企業に勤続していたとしてもその勤続年数が2.3年で他の会社に変わっているのであれば、1カ所に何十年も勤めた人と比較して与信の割合は低くなります。

銀行から融資を受けて旅行に行ってきました

私は旅行が好きなのですが、ある時お金が足りなくなってしまいました。
それでもどうしても旅行に行きたかったのでどうしようか迷ったのですが、
やはり行かないといいうことはすごい残念でしたのでお金を借りていくことにしました。

 

しかし、問題になるのはどこから借り入れをするのかということです。
借入れをする場所によ手てゃ利息が大きくなってしまいます。
もっとも刈りやすいのは消費者金融ですが、
消費者金融についてはどうしても利息が高い印象があって避けたいと思いました。

 

そこで思い立ったのが銀行融資です。
銀行のフリーローンというものが実際にありますので、
そちらを活用してみようと思いました。
フリーローンについては、銀行カードローンというものがあります。
そちらは融資の使途については、
自由とされていることが多いので大きな魅力に感じたというわけです。

 

そこで銀行カードローンについて実際に審査を受けてみましたが、
特に難しいということはありませんでした。
審査結果についても驚くほど早く出まして、カードを利用することができました。
すぐに借り入れをおこないまして、旅行もしっかりと楽しむことができました。
良い利用ができたと思っています。

銀行からお金を借りる 個人向けローンから事業資金融資まで 30項目

銀行からお金を借りる

ご自身の貯蓄がたくさんあれば、なんでもできます。しかし、お金が足らなくなった場合には、銀行からお金を借りる必要があります。個人でいうならば、住宅ローンやマイカーローン、そして教育ローンなどです。住宅ローンは数千万円の借入れになりますし、教育ローンも数百万円の借入れになります。

そして、中小企業の代表者や個人事業主の方は創業するだけでも、かなりのお金が必要になります。借入先は政府系の金融機関である日本政策金融公庫や都市銀行、地方銀行や信用金庫などがあります。

ご自身もしくはご自身の会社の都合により金融機関を選択する必要があると思います。会社員の方は、住宅・マイカー・教育ローンなどで済むのですが、個人経営者の場合には、事業資金として創業資金を得なければなりません。

しかし、銀行はしっかり返済ができる根拠がなければ、融資をしてくれることはありません。特に都市銀行などは、大手の会社に融資をすることばかり考えていて、金利での利息を得るような営業活動しかしていません。

ですから、中小企業などの場合には、地域に密着した地方銀行や信用金庫などから、融資を受けることが良いと思います。ただし、いきなり個人向けの融資をしてくれるわけではなく、保証人を必要とします。

そのような際にありがたい存在として、信用保証協会があるのです。信用保証協会は、万が一返済が困難になった場合には、代位弁済をしてくれるのです。当然代位弁済ですから、信用保証協会に返済をする義務はあるのですが、銀行から融資を受ける際に保証人になってくれるだけでも、とてもありがたい存在です。

また、中小企業は、少しの経済環境変化によって、大きなダメージを受けます。ですから、国や地方自治体、信用金庫などから緊急の場合の融資を受けられる制度もあります。お金を借りる際には、しっかりと将来の事業計画を立てることも重要なことです。しっかりした売上アップや収益の改善がなければ金融機関が融資してくれません。以下に、銀行からお金を借りるという観点でさまざまな説明をします。お役にたてれば幸いです。

銀行からお金を借りる目的(個人向けと事業性資金は別)

  • 個人で借りる
  • 事業資金
  • 銀行借入れのポイント

どの銀行から借入れができるか

  • 政府系金融機関
  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • インターネットバンキング

個人が銀行からお金を借りる(個人向け銀行融資)

  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • マイカーローン
  • カードローン
  • キャッシング
  • ローンシミュレーション
  • おまとめローン

会社が銀行からお金を借りる(法人向け銀行融資)

  • 創業資金
  • 企業再生融資
  • 緊急融資
  • 運転資金
  • 設備資金
  • 事業計画書
  • 信用保証協会

銀行融資でお金を借りるポイント

  • 金融機関のチェックポイント
  • 融資を受けるコツ
  • 保証人と担保
  • 資金使途の明確化
  • 審査

銀行融資でお金を借りるその他諸々

  • 返済遅延の際
  • 借り入れ限度額
  • 銀行系との違い

おすすめは銀行のフリーローン!メリットとデメリット

「急にお金が必要になった!」、「低い金利でお金を借りたい!」そんな方には銀行のフリーローンがおすすめ。銀行のローンについては「審査が厳しい」とい うことがよく言われますが、フリーローンは例外です。まず、用途について聞かれることがありませんし、審査もごく短期間。少額であれば即日でローンを組め ることも珍しくありませんし、ある程度まとまった金額のローンでも1~2ヶ月程度で審査が完了します。
さて、気になる金利ですが、最低金利の目安は5~7パーセント前後。ローンの金額、プラン、サービスを提供する銀行によって契約内容は異なります。消費金融、一般のクレジットサービスなどと比較すると、かなりお得な金利が設定されていると言うことができるでしょう。
ただし、「借り易い」からこそ注意も必要。手軽にローンを組めるが故に、つい借り過ぎてしまう危険性があることは認識しておきましょう。消費者金融と比較 すると多重債務に陥るリスクは低いとはいえ、ゼロではありません。計画的な利用を心がけてください。いくら手軽に利用できるプランであっても、「収入が安 定している」ことが利用条件として挙げられます。未成年、無職(高齢者含む)の方は利用できないのでご注意ください(パート・アルバイト、年金生活者は OK)。

フリーローンより使い勝手の良いカードローン

私達の日々の生活では、性別や年齢や職業に関係なく、お金とは切っても切れない仲にあります。もちろん「お金がなくても幸せ」という価値観も一理あります が、お金がなければ、できることも限られてしまいます。食費などの生活費も削らないといけないことになるため、やはりお金がないと生活にも支障が出てきま す。

手持ちの現金が十分でない時は、欲しいものを我慢する方法もありますが、下手に我慢しないで欲しいものを購入することができるのです。そんな時に非常に役 に立つのが、カードローンで借りることです。今ではカードローンを提供している金融会社は沢山ありますが、自分のニーズに合ったカードローンを見つけるの は、簡単そうでいて実は難しいものなのです。そこで、カードローンで借りる際に知っておきたいポイントについてまとめてあります。

カードローンは、昔に比べて非常に利便性が上がりました。インターネットの発達に伴って消費者金融ローン会社やその金融会社で提供している商品の情報が一気に広まったり、時間があまりない方でも、わざわざ店舗に足を運ばずに申し込むことができたりと、色々な意味で 進化を遂げています。しかし、実際にカードローンで借りることを考えてみると、利用するのに抵抗を感じてしまうこともあります。これは、カードローンで借 りるに対する単なる偏見が行動を邪魔しているだけに過ぎません。それなら、行動を妨げている要因を解決すれば良いだけのことです。

後は、カードローンに関する基礎的な知識をしっかり身に着けていけば、申し込みなどがスムーズにできるようになります。カードローンを利用してみると、大 量の現金を持ち歩く必要がなくなるし、急にお金が必要になった時も、利用可能限度額の枠内であれば、繰り返し利用することができます。このように、カード ローンで借りることによって、カードローンならではの恩恵を受けることができるのです。カードローンで借りる際の正しい知識をまずは身に着けましょう。

公開日:
最終更新日:2016/09/19